GETTY

Photo: GETTY

モトリー・クルーのドラマーであるトミー・リーは自身の格好が原因でニューオーリンズにあるレストラン「エメリルズ」から追い出された逸話を明かしている。

トミー・リーは現地時間8月20日、「エメリルズ」のオーナーであるエメリル・ラガッセに宛てて次のようにツイートしている。「なあ、エメリル、ニューオーリンズにあるアンタの店に行ったんだけど、帽子を脱ぐことにイラついたら、店から激しく追い出されることになったんだ。帽子を脱いでも、俺のテーブルのところまでやってきて、大変な時間を過ごすことになってさ。一体、どうなってんだ?」

その後、トミー・リーは妻であるブリタニー・ファーランと共にロサンゼルス国際空港で「TMZ」によるインタヴューに応じて「エメリルズ」での出来事についてその詳細を語っている。

ブリタニー・ファーランは次のように語っている。「本当にひどかったわ。2人でお店に入って席に着いたの。私も彼も帽子を被っていて、ウェイターでも何でもいいけど、店員が彼に『帽子を脱いでいただけますか』って言ったの。それで、『私の帽子は?』って訊くと、『お客様の帽子は大丈夫です。ですが、(トミー・リーのほうを向いて)お客様は帽子を脱いでいただく必要があります』って言われたのよ」

ブリタニー・ファーランはトミー・リーが「普通の」野球帽を被っていたとした上で、次のように続けている。「それで、トミーが『何だよ、クソ』って言いながら帽子を脱いで膝の上に置いたの。そうしたら、別の店員さんが私たちのテーブルに来て、帽子も取ったし何の問題もないはずなのに、『失礼ですが、汚い言葉を話されているのが聞こえました』って言ってきたのよ」

その後、店員から「退出をお願いします」と言われ、トミー・リーは次のように応じたのだという。「『いいか? クソ食らえだよ。出て行くさ』ってね」

トミー・リーとブリタニー・ファーランによるインタヴュー映像はこちらから。

一方、トミー・リーは先日、ソーシャル・メディアに長文を投稿して、ドナルド・トランプ大統領が政権を去った世界になってほしいと述べている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ