GETTY

Photo: GETTY

スロータイは予定されていたリアム・ギャラガーのUKアリーナ・ツアーのサポート・アクトをキャンセルすることが明らかになっている。

リアム・ギャラガーは8月23日にツイッターで次のように発表している。「大都市にいるみんな、そしてストリートのみんな、耳を傾けてくれ。スロータイがUKツアーを退くことになったんだ。ショックだよ」

しかし、リアム・ギャラガーはスロータイと仲違いをしていたわけではないようで、「まだ大好きなだからな。アメリカでの幸運を祈っているよ」と続けている。

『NME』はスロータイ側にキャンセルとなった理由を問い合わせている。

ファンの発言に答える形でリアム・ギャラガーはスロータイの代わりを務めるアクトをまもなく発表するとしており、「新しいサポート・アクトはまもなく発表されるよ」とツイートしている。

ツアーは11月に12公演が行われる予定で、ロンドンのO2アリーナ公演で締めくくられる予定となっている。

以前、リアム・ギャラガーはツアーのサポート・アクトについて次のように語っていた。「(テレビ番組の)『サッカーAM』でスロータイを観たんだけどさ、ちょっとジョニー・ロットンのヴァイブを感じたんだ。彼は11月に俺たちとツアーに出ることになると思うよ。ギター・バンドたちを大勢引き連れるのもいいけど、それだけっていうのもさ……」

リアム・ギャラガーはファット・ホワイト・ファミリーも同様に気に入っており彼らにもツアーに参加してもらいたいと思っていると語っている。「彼らをツアーに連れて行くことも考えたけど、彼らはショウビズには興味を示さないんじゃないかって思ってね。今もアンダーグランドにこだわっているんじゃないかってさ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ