Getty/Paul Van Carter

Photo: Getty/Paul Van Carter

デヴィッド・ボウイの新たな伝記映画『スターダスト(原題)』から若き日のデヴィッド・ボウイに扮した主演のジョニー・フリンの初となる写真が公開されている。

映画『スターダスト』は今年1月に制作が発表され、ジョニー・フリンがデヴィッド・ボウイ役を演じることが明らかになっている。映画は、後のジギー・スターダストの形成に影響を与えることとなったという、デヴィッド・ボウイが初めて訪れた1971年のアメリカが舞台となっている。

制作中の映画から初めて公開された写真は、若き日のデヴィッド・ボウイを彷彿とさせる姿のジョニー・フリンが、タバコを吸いながらディナー・テーブルの前に座ったものとなっている。ジョニー・フリンはパープルのタートルネックを着て、肩にかかる程のブロンド色の長髪の上に黒の中折れ帽をかぶっている。

映画は来年の公開が予定されている一方、デヴィッド・ボウイの遺族は今回の映画制作からは完全に距離を置いていることで知られている。

Johnny-Flynn-in-Stardust-photo-by-Paul-Van-Carter

以前、デヴィッド・ボウイの息子のダンカン・ジョーンズは『スターダスト』は家族の承認を得ておらず、彼の音楽を使用する許可は出していないと主張している。

「確か音楽を使う許可を出している伝記映画は『一つもない』と思うんだけど……僕の知る限りね」とダンカン・ジョーンズはツイートしている。

彼は次のように続けている。「この映画が作られることがないっていう意味じゃない。分からないというのが正直なところかな。現時点で父親の音楽がこの映画に入ることがないのは確かだよ。その状況が変わるとも思えない」

「彼の音楽が入っていなかったり、家族の承認を得ていない伝記映画が観たいという人たちにはうってつけだよ」

一方、公式発表された映画のあらすじは次のように述べている。「ボウイになる前のデヴィッドに会える。音楽史上最高のアイコンの一人となった彼も、様々な顔の裏側に若者としての姿を隠し持っていたのか? 1971年、24歳のデヴィッド・ボウイ(ジョニー・フリン)は冴えない宣伝担当のロン・オバーマンと一緒に初めてアメリカへの旅に出た。 そこに待ち受けていた世界はまだ彼を受け入れようとはしていなかった」

映画の公開日は現時点では発表されていない。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ