PRESS

Photo: PRESS

ブルース・スプリングスティーンは最新作『ウエスタン・スターズ』と合わせて制作された映画のトレイラー映像が公開されている。

先月、ブルース・スプリングスティーンは映画について「最初から最後まで」アルバムのライヴ・パフォーマンスを使ったものになることを明かしていた。彼は次のように述べている。「ツアーに出ないことは分かっていたから、オーディエンスにライヴで音楽を届ける方法を探していたんだ」

8月19日に公開されたトレイラーはフル・バンドやオーケストラを従えたライヴ・パフォーマンスで構成されたもので、ブルース・スプリングスティーンのナレーションによれば、「最高の幽霊や精霊に満ちた築100年の納屋で」行われたものだという。

トレイラーでは現在のブルース・スプリングスティーンが自然を見つめたり、ドライヴをしたり、ノートを見返す映像と共にブルース・スプリングスティーンの若い頃の映像も使われている。「35年間、自分の人格のなかでも破壊的な部分を解放しようとしてきた」と彼は語っている。「今なおそれと格闘している日々があるんだ」

トレイラー映像はこちらから。

映画『ウエスタン・スターズ』はワーナー・ブラザースによって配給され、ブルース・スプリングスティーンと長年のコラボレーターであるトム・ジムニーが監督を務めている。トム・ジムニーは『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』も手掛けている。映画は9月5日から15日にわたって開催されるトロント国際映画祭でプレミア上映され、10月に公開される予定となっている。

ブルース・スプリングスティーンは他にも映画のプロジェクトに取り組んでおり、ブルース・スプリングスティーンの音楽を発見した10代の人生が変わる様を描いたコメディ・ドラマ『ブラインデッド・バイ・ザ・ライト』が進められている。サウンドトラックにはブルース・スプリングスティーンが元々『ハリー・ポッター』シリーズのために書いた未発表曲“I’ll Stand By You”が収録されるという。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ