GETTY

Photo: GETTY

チャーリーXCXは数日にわたる予告を経て、サード・アルバムの『チャーリー』からスカイ・フェレイラとのコラボレーションとなる新曲“Cross You Out”が公開されている。

チャーリーXCXの長年のコラボレーターであるA.G.クックとロータスIVがプロデュースを手掛けた“Cross You Out”は誰かと縁を切ることについて、そして、それをものともしないことについてのバラードとなっている。「When you’re not around, when you’re not around/ I finally cross you out(あなたがいないなら、ついにあなたを切るわ)」とコーラスでは歌われている。

“Cross You Out”についてチャーリーXCXは「私の過去にいたトラウマ的な人々から去る」ことについての曲だとインスタグラムで説明している。

チャーリーXCXは楽曲の公開に先立ってツイッターでファンとのQ&Aに答えている。その中でスカイ・フェレイラとのコラボレーションについてチャーリーXCXは「素晴らしかったわ。スカイは最高だったの・彼女は自分のテイストがあって、やりたいことが分かっているのよ」と述べている。

チャーリーXCXはグライムスと楽曲を制作したことも明かしたものの、「でもよりポップなものにしたかった」と述べている。「願わくば、今後いつかスタジオに戻れたらと思うわ」

さらにQ&Aでは2曲が話題に出ており、“Next Level Charli”についてツアーで最もやりたい曲と述べているほか、キム・ペトラスとトミー・キャッシュが“Click”にも言及している。

「“Click”は象徴的な曲よ」とした上で、キム・ペトラスのヴァースが素晴らしかったために自分のパートをやり直さなければいけなかったと説明している。

新作『チャーリー』にはクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズが参加した“Gone”やリゾが参加した“Blame It On Your Love”が収録され、9月13日にリリースされる。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ