GETTY

Photo: GETTY

スリップノットは今週イリノイ州のハリウッド・カジノ・アンフィシアターで行われたノットフェスの公演で1人のファンが亡くなったと報じられている。

報道によれば、62歳のリチャード・ヴァラデスというファンは現地時間8月11日にシカゴ郊外で行われた公演で、他のファンとモッシュをしている最中に倒れて、動かなくなったという。最終的に現地時間23時34分、クック郡の検察医によって亡くなったことが宣告されている。

検察医のスポークスパーソンによれば、死因については分かっておらず、検視は一時中断しているという。

「基本的にはみんな、モッシュピットで飛び跳ねて素晴らしい時間を過ごしていたんだ。メタルのコンサートではよくあるように、友好的な形でバカ騒ぎをやっていたんだよ」と目撃者のアンソニー・マッケイは語っている。

しかし、ライヴが始まってから1時間ほどが経ち、スリップノットが“Sulfur”を演奏し始めた時に異変が起こったとアンソニー・マッケイは続けている。「動かなくなったんで、みんなで彼を助けようとしたんだ。それで、僕たちは助けを呼び始めたんだよ」

この時、2人の人物がリチャード・ヴァラデスに心肺蘇生法を行ったことも報じられている。

先日、スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーはファンの間で「トルティーヤ・マン」や「トルティーヤ・ガイ」と呼ばれているバンドの新メンバーに改めて言及して、バンドは彼の正体を秘密にしておくことを「最高に楽しい」と語っている。

「新メンバーに焦点が当たるようなことは避けたかったんだ。自分たちの音楽に焦点が当たるようにしたかったんだよ」とコリィ・テイラーはオーストラリアの音楽サイト「ザ・ミュージック」に語っている。「俺たちはこれまでもずっとそうだったからね。ドラマなんて必要ないんだ。くだらないことは望んでいなくて、新曲を出すという事実に注目を集めたかったんだよ。俺たちがそれを貫き通せば、人々はもっと躍起になっていくわけだけどさ……『教えるつもりはないよ』っていう感じだよ。最高に楽しいからね」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ