GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは現地時間8月14日にドバイのコカ・コーラ・アリーナで行った公演で、アラブ首長国連邦の反LGBTQ法に反して男性ファンにキスをしているところを収めた映像がオンラインで公開されている。

マット・ヒーリーはザ・1975として初めてのドバイ公演となったこの日の公演で“Loving Someone”のパフォーマンス中に自身に結婚を申し込んできた男性ファンにキスをしている。

オンラインで公開された映像には、マット・ヒーリーが男性ファンを抱き寄せてキスをしている様子が収められている。ドバイでは同性愛が法律で厳しく禁じられており、見つかれば最大で10年間の禁固刑に処される違法行為として見なされている。

マット・ヒーリーはドバイ公演を終えた後で次のようにツイートしている。「ありがとう、ドバイ。君たちは最高だったよ。僕の『行為』のせいでもう戻れないかもしれないけど、君たちを愛しているということを知っておいてほしい。もう一度機会を与えられたって、僕は同じことをするよ」

マット・ヒーリーは次のように続けている。「もしかしたらまた戻れるかもしれないし、それは誰にも分からないけどね。もう少し様子を見ることにしよう」

ザ・1975はこれまでもLGBTQの権利向上のために積極的に活動を行っており、昨年にはロンドンにLGBTQコミュニティのための新たなコミュニティ・センターを作るためのプロジェクトに寄付を行っている。プロジェクトの主催者は当時、バンドの寄付のおかげで当初の目標金額に達したことを明かしている。

「良識をひけらかしているように見られたくなくて、こういう話題には慎重になっていたんだけどね。俺やバンドの全員にとって、間違いなくお金を費やすのにふさわしいことだったんだよ」と当時マット・ヒーリーは語っている。

一方、マット・ヒーリーは先日、チャーリーXCXと新曲に取り組んでいることを明かしている。

ザ・1975は今週末にサマーソニック2019に出演することが決定している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ