GETTY

Photo: GETTY

スラッシュは来たる新たな映像作品に使用するため、自身のライヴで撮影した映像を提供してくれるようファンに呼びかけている。

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストで、現在はスラッシュ ft. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレイターズとして全米ツアーを行っているスラッシュは「クリエイト・ウィズ・スラッシュ」と題したキャンペーンを行うことを発表して、現行の「リヴィング・ザ・ドリーム」ツアーで撮影した映像をカメラ・アプリ「シネボディ」を使って提供してくれるようファンに呼びかけている。提供された映像は来たる新たな映像作品に使用されるという。

今回の呼びかけは、スラッシュと監督のクリフトン・コリンズが昨年、「シネボディ」を使ってファンが提供してくれた映像を使用した“Mind Your Manners”のミュージック・ビデオを制作したことに続くものとなっている。

スラッシュは昨年11月、米『ローリング・ストーン』誌とのインタヴューで初めて「シネボディ」を使用した時のことを振り返り、次のように語っている。「ファンに今回のビデオの制作に参加してもらえて、とても嬉しかったよ。最高の仕事をしてくれたんだ! クリフトンが撮影も、それらの映像の編集も手掛けてくれてね。まさに完璧だったね」

音楽サイト「ブラバーマウス」によれば、“Mind Your Manners”のミュージック・ビデオには世界各国の1000人近い人々から映像が寄せられていたという。

「コンサートの熱気の中や、ツアー中の親密な車中に入り込み、ファンの視点から撮影された彼らの映像と組み合わせる……これは『シネボディ』が登場するまで撮影することが不可能な映像でした」とスラッシュが所属するレヴェレーション・マネージメント・グループのパートナーであるジェフ・ヴァーナーは語っている。「まさに掛け替えのない映像であり、スラッシュはそれをとても気に入ったのです」

スラッシュ ft. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズは現地時間8月13日にフロリダ州オーランドのハード・ロック・ライヴで行う公演で一連の全米ツアーを締めくくる予定となっている。

スラッシュ ft. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズは2018年9月に最新作『リヴィング・ザ・ドリーム』をリリースしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ