GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトによるサード・マン・レコーズはザ・ホワイト・ストライプスの1999年発表のデビュー・アルバムから20周年を記念して、『ザ・ホワイト・ストライプス XX』と名付けられたボックスセットをリリースすることを発表している。

ボックスセットにはペイヴメントのサポート・アクトとして初めて行った1999年のツアーよりノースカロライナ州ローリーの公演が収録され、「ファイア・エンジン・レッド」のアナログ盤にプレスされている。

加えて、未発表音源やレコーディング・セッションから未使用テイクが収録された「プリスティン・ホワイト」のアナログ盤も収録され、ナッシュヴィルのサード・マン・スタジオでジャック・ホワイトによってミックスされている。しかし、アルバム『ザ・ホワイト・ストライプス』それ自体は収録されない。

「1999年はザ・ホワイト・ストライプスにとって極めて重要な年でした」とボックスセットの発表にあたって述べられている。「バンドが終わるという噂のなか、彼らはファースト・アルバムをレコーディングし、初となるツアーに乗り出し、バンドは非常に懸命に取り組み、そうした努力に対して幸運にも小さいながら徐々に増していく人気を獲得していきました」

ボックスセットにはマイアミ州ハムトラミックとマイアミ州デトロイトで収録された1999年の未発表の2公演の映像を収めたDVDと歴史を振り返った24ページのハードカヴァーのブックレットも同梱される。

ボックスセットはサード・マン・レコーズの「ヴォールト」会員に登録することで購入できる。10月31日までに登録することで、ボックスセットを入手できる。

ジャック・ホワイトについてはジャック・ブラックと長年期待されてきたコラボレーションが実現したとされている。2組によるレコーディングは彼らが1990年代後半に登場して以来、ファンから待ち望まれてきたものとなっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ