GETTY

Photo: GETTY

ヴィレッジ・ピープルのプロデューサーとして知られるアンリ・ベロロが亡くなった。享年82歳だった。

『ニューヨーク・デイリー・ニュース』紙によれば、アンリ・ベロロは現地時間8月3日に亡くなったという。

米『ローリング・ストーン』誌に発表された声明で、ヴィレッジ・ピープルのシンガーであるヴィクター・ウィリスは次のように語っている。「アンリ・ベロロの早すぎる死に打ちひしがれています。彼は私のかつてのプロデューサーであり、恩師であり、ヴィレッジ・ピープルの共同制作者でした」

「アンリは2019年8月3日に亡くなりました。彼はディスコというジャンルの成立に一役買った印象深い作品を数多く残してくれましたし、音楽プロデューサーとしてずば抜けた存在でした」

ヴィクター・ウィリスは続けて葬儀はすでに親しい者だけでパリで執り行われたものの、改めて公共の場で式典を行う予定であり、近日中に詳細を発表できる見通しだと明かしている。

アンリ・ベロロが1976年に設立したフランスのレコード・レーベルのスコーピオ・ミュージックもツイッターで追悼の意を表している。「スコーピオ・ミュージックの創設者であり、ダンス・ミュージックのパイオニアであったアンリ・ベロロを偲んで」と投稿には綴られている。

アンリ・ベロロは1936年にモロッコのカサブランカでモデルと船乗りの間の子として生まれている。彼はクラブDJとして音楽のキャリアをスタートさせたが、音楽制作の仕事のためパリへ拠点を移し、1973年にはアメリカに移住している。アメリカでその後の相棒となるプロデューサーのジャック・モラリと出会い、1977年に二人はヴィッレジ・グリーンの楽曲を手がけるようになっている。

ヴィレッジ・ピープルはポリスマンの格好をしたヴィクター・ウィリスを始め、カーボーイ、バイク乗りなど様々な職業に扮したコスチュームで知られている。

ジャック・モラリとアンリ・ベロロはリッチー・ファミリーの1975年のヒット曲“Brazil”を手がけたことでも知られている。この曲はクラブ・サーキットで一世を風靡し、その後世界中で人気を博している。ヴィッレジ・ピープルは“YMCA”のヒットで最もよく知られている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ