GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトとジャック・ブラックは長年期待されてきたコラボレーションが実現したとされている。

2組によるレコーディングは彼らが1990年代後半に登場して以来、ファンから待ち望まれてきたものとなっている。

2006年に初めて会ったという2人だが、今回ジャック・ブラックはついに一緒にスタジオ入りしたことを明かしている。

ジャック・ブラックは、彼のバンドであるテネイシャスDのナッシュビル公演の中で次のように語っている。「ジャック・ホワイト、俺たちは今日彼の家に行って、新曲をレコーディングしたんだ」

ジャック・ホワイトがテネイシャスDの新曲で演奏しているのか、あるいは彼がテネイシャスDをプロデュースしたのかは明らかでないものの、彼が運営するレコード・レーベルであるサード・マン・レコーズの限定盤は通常、彼の自宅でレコーディングされている。

地元紙『ザ・テネシアン』紙の報道によれば、今回のジャック・ブラックのコメントは、ジャック・ブラックとジャック・ホワイトが一緒にセルフィーを撮ったことがきっかけになった可能性があるという。今年6月、テネイシャスDとジャック・ホワイトのバンドであるザ・ラカンターズはツアーのロンドン公演の時期が重なり、ヒースロー空港で出くわしたとみられている。ザ・ラカンターズはオール・ポインツ・イーストで、テネイシャスDはウェンブリー・アリーナで公演を行っていた。

この投稿をInstagramで見る

We hired a new merch guy

Tenacious Dさん(@tenaciousd)がシェアした投稿 –

このとき撮られたセルフィーはテネイシャスDのインスタグラムに投稿され、ジャック・ブラックのバンドメイトであるカイル・ガスも一緒に写っている。ジャック・ホワイトはテネイシャス DのTシャツを掲げており、次のようなキャプションが添えられている。「俺たちはグッズ販売の新人を雇ったんだ」

ジャック・グレイという総称でも知られるジャック・ブラックとジャック・ホワイトの二人だが、彼らは2006年ニュー・ヨークで行われたMTVビデオ・アウォーズの授賞式で初の対面を果たしている。しかし、このときの対面の瞬間は撮影されておらず、以前ジャック・ホワイトはジョークを飛ばして次のように語っている。「ジャック・ブラックとジャック・ホワイトが出会って握手しているかどうか、時空を超えられたら分かるかもしれないね」

ジャック・ホワイトは6月にザ・ラカンターズの通算3作目となるアルバム『ヘルプ・アス・ストレンジャー』をリリースしている一方、テネイシャスDは2018年に通算4作目となるアルバム『ポスト・アポカリプト』をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ