GETTY

Photo: GETTY

カナダ人女性のディー・ギャラントは先日、野生の動物と遭遇した際にメタリカの曲を爆音で流すことを選択し、それが功を奏したという。

ブリティッシュ・コロンビア州カウチン・ヴァレー地域のダンカンで、夜の散歩をしていたディー・ギャラントとハスキー犬のマーフィーは通行を妨げる野生のピューマに遭遇したという。「右を見たら、そこにいたの。最初は理解できなくて、『あら変な色、樹ではないわね』という感じだったの」と彼女は現地メディア「ケロウナ・ナウ」に現地時間7月28日に語っている。

ピューマがゆっくりと近づいてきたので、ギャラントはすぐさま携帯を取りだしてその場を記録し、それ以上近づかないよう警告している。「それでピューマが身をかがめて、徘徊し始めたのよ。肉食動物がそうするみたいにね。私は腕を振って、『ちょっと、止まりなさい!』と叫んだわ。そしたら、止まったのよ」

しかし、それだけではピューマは怯まなかったとのことで、ディー・ギャラントは思いついた次の行動をとることにして、メタリカの“Don’t Tread on Me”を流したという。「携帯にある中で一番うるさいものだと思ったから、怖がるんじゃないかと思ったの。曲名もピューマに伝えたいメッセージでもあったわ」と彼女は語っている。結果としてピューマはディー・ギャラントと犬を残して茂みに走り去ったという。

「ケロウナ・ナウ」に対し、ディー・ギャラントはメタリカに感謝したいと続けて語っている。「いつか彼らに連絡して、ジェイムズ・ヘットフィールドに私の命を救ってくれたと伝えたいわ」

一方、メタリカは10作目『ハードワイアード…トゥ・セルフ・ディストラクト』のヨーロッパ・ツアーを行っている。また、メタリカはバンドの歴史をABCで振り返る子供向けの本を出版することを発表している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ