Ben Bentley/NME

Photo: Ben Bentley/NME

ハイムは繰り返し予告してきた新曲“Summer Girl”のミュージック・ビデオが公開されている。

ハイムは7月に行われたロサンゼルスの公演でこの曲を初めてライヴで披露していた。公開されたミュージック・ビデオはこれまでもハイムのミュージック・ビデオを手掛けてきたポール・トーマス・アンダーソンが監督を務めている。

“Summer Girl”のミュージック・ビデオはこちらから。

ダニエル・ハイムはインスタグラムに投稿した長文の中で、この曲ができた経緯と今後どう新曲をリリースするかについての見通しについて語っている。

この投稿をInstagramで見る

summer girl is out tomo. so excited to start releasing new music as we’re working on it – kinda like we did before our first album. we finished this song a couple weeks ago and thought, why don’t we shoot something real quick and release it ! (more on the video tomorrow) this song started out as a garage band demo in my phone with just a bass line, drums, some gibberish and a doot doot doot little melody. I wrote it around the time my partner was diagnosed with cancer a couple years ago while we were making STTY. (he’s in the clear now!) we were touring on and off at this time and every time we were on the phone with each other or when I would come home in between shows, I wanted to be this light that shined on him when he was feeling very dark. I wanted to be his hope when he was feeling hopeless. so I kept singing these lines – I’m your sunny girl/ I’m your fuzzy girl/ I’m your summer girl – over the bass line. summer girl stuck. fast forward to a couple months ago -I remembered this demo and pulled it up from my phone. I brought it to my friend rostam to see if he wanted to work on it. he wrote the sax part within the first couple minutes of working on it and it all clicked. we were kinda joking about how the doot doot doot part reminded us of walk on the wild side and then he put this stand up bass part on top of the electric bass part and It sounded amazing! the palette was there- v inspired by Lou. and we kept it that way. I brought it back to my partner Ariel- where the inspo first started – and he put some finishing touches on it and here we are ! hope u guys vibe with it – ur summer girl in italy 😊 d

HAIMさん(@haimtheband)がシェアした投稿 –

「“Summer Girl”が明日出るわ」と文章は始まり、今後は新曲を自然発生的にリリースしていくつもりであることを明かしている。

「今取り組んでいる新曲をリリースし始められることに興奮しているわ。ファースト・アルバムの前にやっていたようにね。この曲は数週間前にできたんだけど、なんですぐに出せないんだろうと思って、リリースしたの」

彼女は続けてこの曲がパートナーのガンから生まれたものであることを明かしている。「この曲は『サムシング・トゥ・テル・ユー』を作っている数年前、私のパートナーがガンと診断された頃に書いたの(彼は今や元気よ)。当時、私たちは断続的にツアーをしてて、お互い電話で話してる時とか、公演の間に家にいる時とか、いつもすごく暗い彼を照らす光になりたいと思っていた。彼が絶望を感じている時、私は希望になりたかった。だから、この一節を歌い続けてたの。『I’m your sunny girl/ I’m your fuzzy girl/ I’m your summer girl(私はあなたのサニー・ガール/私はあなたのファジー・ガール/私はあなたのサマー・ガール)』ってね。ベース・ラインの上でね」

「それからだいぶ経って、数ヶ月前にこのデモを思い出して、携帯電話から取り出したみたの」と彼女は続けている。

「それで友人のロスタムに渡してみて、取り組んでくれるか見てみたの。彼は取り掛かり始めて最初の数分でサックスのパートを書いてくれて、クリックに合わせてくれたの。それで、ドッ、ドッ、ドッというパートが“Walk on the Wild Side”みたいねと冗談を言っていたら、ウッド・ベースのパートをエレキ・ベースのパートの上に加えてくれて、素晴らしいサウンドになったの。パレットとしてはそういう感じね。ルー・リードの影響を受けたの。その方向を続けて、音源をアリエルに戻して、彼からこの曲は始まったわけだけど、仕上げを加えてくれて、それでこうして出すことにしたの」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ