Instagram

Photo: Instagram

ビースティ・ボーイズはアディダスより動物の革を使用しないスニーカーを発売することが明らかになっている。

このスニーカーはビースティ・ボーイズの名作『ポールズ・ブティック』の30周年を記念したものとなっている。

アディダスでは多くのスニーカーが革を使って作られているが、今回のビースティ・ボーイズのスニーカーはオフホワイトのキャンバス地のものとなっている。灰色のストライプが施され、ベロと踵部にビースティ・ボーイズのロゴがあしらわれている。

このスニーカーは現時点で、85ドルで北米の一部のスケートウェア・ショップだけで販売されている。

今は亡きMCAことアダム・ヤウクはアディダスの愛好家として知られ、今回のスニーカーも彼に捧げられている。

スニーカーの収益は貧困家族を支援するピース・シスターズ、音楽教育を支援するリトル・キッズ・ロックという2つのチャリティ団体に寄付される。

ビースティ・ボーイズは名作『ポールズ・ブティック』が30周年を迎えることを受けて、新たにデジタルEPが6作リリースされ、21のトラックは初めてデジタルリリースされる貴重なリミックスやBサイドが収録される。

ビースティ・ボーイズは先月『トゥ・ザ・5ボローズ』の15周年を記念して、新たに12個の貴重な音源をリリースしている。また、ビースティ・ボーイズは『イル・コミュニケーション』の25周年を記念して、新たなドキュメンタリー映像をオンラインで公開している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ