GETTY

Photo: GETTY

ジャック・ホワイトはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのフロントマンであるジョシュ・ホーミが司会を務める「Beats 1」の番組「アリゲーター・アワー」に出演して、アーティストであることの意義やファンを持つことのプレッシャーついて語っているほか、2人で喧嘩をしたらどちらが勝つと思うかという話題にも言及している。

ジョシュ・ホーミは2015年にアップル・ミュージックのローンチと合わせて「Beats 1」が始まって間もなくした頃から「アリゲーター・アワー」で司会を務めている。

ジャック・ホワイトは先週末に「アリゲーター・アワー」の最新話に出演して、先日、携帯電話を持っていないことを明かしたことなどについて語っている。

「僕が好きじゃないのは異なる文化を一般化してしまうことなんだ」とジャック・ホワイトは語っている。「何もかもを一般化してしまうと、大抵の場合、それは政治的に誤ったことだと見なされるわけでね。例えば、僕が誰かに『ジャック、君はどうやってアルバムをレコーディングしているんだい?』って訊かれた時に、テープでレコーディングしていることを伝えたとしたら、『ジャック・ホワイト、あらゆるテクノロジーを嫌う』みたいな見出しがつけられてしまうわけでさ。そうなってしまうんだよ。僕が言いたかったのはそういうことではないのにさ。僕が好んでいるやり方について訊かれたはずなのに、それがいつの間にか……ほら、こうやって自分が人生で取り組んでいることを擁護しているわけだけど、擁護する必要なんてないわけでさ」

ジャック・ホワイトは続けて「アーティストは人々のために働いているわけではない」と考えていることを明かして、その理由について次のように語っている。

「アーティストや画家、彫刻家であることの最も素晴らしい点は他の人の考えを気にせずに1日を始められるところにあるんだ」とジャック・ホワイトは語っている。「その後で誰かから肩を叩かれて他の人たちの考えも考慮するように言われて、アーティストは人々のために働いているんだということを思い出させようとする瞬間が訪れるわけだけどさ。アーティストは人々のために働いているわけじゃない。それはアーティストと他の人々との間に相互作用が生まれて、その人たちと何かを共有できた時に限った話なんだ」

ジョシュ・ホーミは次のように応じている。「応援してくれる人たちの言葉やその人たちの希望に耳を貸して、検討するのは危険なことだよね。幸運にも応援してくれる人がついたのなら、その人たちは自分についてきてくれるはずなんだからさ。彼らに従ってしまえば、自分がその人たちについていくことになるわけでね。トイレっていうのはそういう風に作られているよね。水洗式のトイレだよ。オーディエンスの顔色をうかがってはいけないんだよ。自分が前に進めなくなってしまうからね」

「変化に基づいた関係や状況を育てていかなきゃいけないんだ。そうすれば、常に動いているわけでね。僕らは成長するか死んでいくかしかないわけでね」と彼は続けている。「それがセールスだっていう人もいるだろうし、内面的な成長や想像力といった哲学的な要素かもしれないし、自分が向かっているものかもしれない。そういうわけで、俺には前に進み続ける必要があるんだ。これは危険なゲームなんだ。幸運にもオーディエンスがついてくれたとしても、一定数を失う可能性が常について回るわけだからね」

ジャック・ホワイトも「前に進み続ける必要がある」と応じて、今年ザ・ラカンターズとして11年ぶりとなるアルバムをリリースしたことに言及しながら次のように語っている。

「つい最近、ザ・ラカンターズとしてアルバムをリリースしたばかりなんだけどね……何が最高かと思っているかって、今年(のリリース)はまったく計画していなかったということを一番誇りに思っているんだよ。このアルバムだって計画していなかった。彼らを呼び集めるつもりだってなかったんだよ」

同じインタヴューの中で2人は両者が喧嘩をしたらどちらが勝つと思うかというやわらかい話題にも言及している。

ジョシュ・ホーミがジャック・ホワイトの名前を挙げると、「それはツアー中にかい? いや、ありえないね」とジャック・ホワイトは語ってジョシュ・ホーミに反論している。「とはいえ、そういうことが起きそうな理由は見当たらないけどね」

「聞いたかい? これが俺たちだよ。互いに相手の名前を挙げるっていうね」とジョシュ・ホーミが語ると、ジャック・ホワイトは次のように続けている。「彼は僕より6インチ(約15センチ)も大きいからね」

「実を言うと、俺はハグをするのが好きなんだ」とジョシュ・ホーミは応じている。

一方、ジョシュ・ホーミは先日、オーストラリアのパンク・バンドであるザ・チャッツのロサンゼルス公演をデイヴ・グロールやアークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、マット・ヘルダースと訪れていたことが話題になっている。

この投稿をInstagramで見る

A few mates rocked up to the LA show.

THE CHATSさん(@thechatslovebeer)がシェアした投稿 –

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ