GETTY

Photo: GETTY

ザ・プロディジーのキース・フリントは死因不明との評決が下されて、検視が一時中断された後に再び検視が再開されることが決定している。

キース・フリントは今年3月にエセックスの自宅で亡くなっているところを発見されている。享年49歳だった。死因に対する検視が行われ、事件性がないことが発表されたが、エセックスの検視法廷では体内からはコカインやアルコール、(鎮痛効果のある)コデインが検出されたことが明らかにされている。

5月に死因不明の評決が下され、上級検視官のキャロライン・ビーズリー・マレーは次のように語っている。「私は彼が自殺で亡くなったと考えていました」

「自殺と断定するためには、様々な可能性を照らし合わせた上で、フリント氏が自らに死をもたらす行動を意図的に取ったと判断する必要がありました。あらゆる状況を考慮した結果、自殺と断定するに足る証拠がないことが判明したのです」

「彼は楽しんでいただけで、誤って亡くなってしまったとしたら? 可能性をかんがみて、彼の死因については不明と致します」

キャロライン・ビーズリー・マレーは次のように続けている。「多くのファンがいた彼の人気の高さは言うまでもなく、(多くのファンが訪れた)ボッキングでの葬列のことも知っています」

検視は本日7月23日に再開される。

キース・フリントには多くの追悼の意が寄せられており、リアム・ギャラガーはグラストンベリー・フェスティバルで“Champagne Supernova”をキース・フリントに捧げている。

彼は観客に次のように語っている。「まったくもってお前らは素晴らしいよ。これが最後の曲なんだけど、他でもないキース・フリントに捧げたいと思う。“Champagne Supernova”だ。自分のことを気にかけて、素晴らしい夜を過ごしてくれ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ