GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるロニー・ウッドは約10年振りとなるソロ・アルバムのリリースの準備をしていると報じられている。

現在72歳のロニー・ウッドは2010年にソロ・アルバム『アイ・フィール・ライク・プレイング』をリリースして以来、サリー・ハンフリーズとの結婚、双子の父親になり、肺がんとの闘病など、多忙な人生を送ってきている。

しかし、ロニー・ウッドはテレビ用のドキュメンタリー作品の制作を行いながら、今秋公開予定のドキュメンタリー作品に合わせて新たなソロ作品のレコーディングを行っているという。

「アルバムとテレビ番組はロニーにとって大きな契約でした」と情報筋は『ザ・サン』紙に語っている。「彼は2010年の『アイ・フィール・ライク・プレイング』と『ライヴ・イン・ロンドン』以来、ソロとしてのレコーディングは行っていません」

「彼自身が全面的に協力をした番組に自分の話をする時が来たと感じているようです。BBCかネットフリックスと何かをやる可能性があるし、人生をかなり率直に振り返るものになります」

2009年にジョー・ウッドとの離婚が明るみに出たのち、ロニー・ウッドは現在41歳のサリー・ハンフリーズと結婚して現在3歳の双子の女の子、グレース・ジェーンとアリス・ローズを授かっている。

しかしながら、ロニー・ウッドはザ・ローリング・ストーンズとなツアーを続けており、フロントマンであるミック・ジャガーが心臓手術を受けるため2ヶ月延期したものの、「ノー・フィルター」ツアーを今夏も北米で公演を行っている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ