GETTY

Photo: GETTY

ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトとの新たな友人関係について触れ、2人の論争から「他の人も学んでほしい」と語っている。

テイラー・スウィフトとケイティ・ペリーは2012年にバックダンサーをめぐって対立し、長年にわたって論争を続けてきた。テイラー・スウィフトの2014年発表の『1989』に収録されている“Bad Blood”はケイティ・ペリーについて書かれた曲であるとされている。

和解した後、ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトの最新ミュージック・ビデオとなる“You Need To Calm Down”のビデオに出演している。これを受けてテイラー・スウィフトはケイティ・ペリーと和解したことで「人生がすごく明るいものになった」と語っている。

新たなインタヴューでケイティ・ペリーは音楽業界のイベントで彼女がテイラー・スウィフトに謝ったことで、和解したことについて説明している。「私は文字通りオリーブの枝を贈って、私の悪かった部分について謝ったの」とケイティ・ペリーはオーストラリアの「ザ・カイル&ジャッキー・O・ショウ」に語っている。

「それで彼女のところに行って、『ねえ、長い時間がかかったけど、私たちも少し成長したと思うの。私はゴメンなさいと言いたいだけなの。あなたのためにここに来たし、あなたのことが大好きなの。今後は友達になれればと思うの』と言ったの」

それで連絡先を交換して、定期的にショートメールで連絡をとるようになり、そうやって『信頼』に基づいた友情関係が生まれたとケイティ・ペリーは続けている。

「私は彼女のことを信じているし、彼女も私のことを信じているわ」と彼女は語っている。「それで音楽業界の中で会うようになって、避けることもなくなったのよ。私たちはお互いを受け入れているのよ」

「こういう変化の機会を持てたことが素晴らしいし、他の人々にもこれから学んでほしいわ」

一方、ケイティ・ペリーは先日、最新シングル“Never Really Over”をバスルームでバック・ミュージシャンと共に演奏する動画が公開されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ