GETTY

Photo: GETTY

イギリスのラジオで21世紀に最もかけられた楽曲が発表され、スノウ・パトロールの“Chasing Cars”がその1位だったことが明らかになっている。

スノウ・パトロールは2006年に“Chasing Cars”をリリースしており、全英シングル・チャートでの首位こそ獲得していないものの、ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』を初めとした多くのドラマや映画の挿入歌として使われていることもあり、同曲は長期的なヒットを記録している。

シンガーのギャリー・ライトボディは“Chasing Cars”をリリースした当時、通算4作目となるアルバム『アイズ・オープン』に収録された同曲について「最も純粋なラヴ・ソング」だと説明している。

ギャリー・ライトボディはBBCによるインタヴューの中でプロデューサーを務めたジャックナイフ・リーの家の庭で同曲を書いたとして次のように語っている。「ジャックナイフ・リーが家の庭にスタジオを持っていてね。僕らはワインを数本持ち寄って、そこで夜通し曲を書いていたんだ」

「実際のところ、僕らはその晩で10曲を書き上げたんだけどね。最終的に『アイズ・オープン』にはそのうちの5曲が収録されているから、アルバムのほとんど半分を書き上げたと言えるんだ」

「ワインを飲みながら自分が書いた曲を聴き直す時というのは大抵、『まあいい、次に期待しよう』ってなるものだと思うんだけどさ。あの晩に関しては、いい音楽をたくさん書くことができたんだ」

彼は次のように続けている。「この曲の歌詞も同じ晩に思いついたものでね。自ずと思い浮かんだものなんだよ。かつての僕はそうやって流れるがままに曲を書いていた。音楽が自然と思い浮かんでくるような感じで、それがよかったとしても悪かったとしても、自分でイジるようなことはしなかったんだ」

「“Chasing Cars”に関して言えば、単に当時の人生でそういうことが起きていたということなんだ。僕は恋をしていたんだよ。あの曲では、当時起きていたことが忠実に表現されているんだ」

スノウ・パトロールの“Chasing Cars”が21世紀にラジオで最もかけられた楽曲であることが明らかになった一方で、続く順位にはよりアップビートな楽曲がランクインしており、ブラック・アイド・ピーズの“I Gotta Feeling”とファレル・ウィリアムスの“Happy”がそれぞれ2位と3位にランクインしている。

ランキングを発表したUKの音楽ライセンス会社、「PPL」で最高経営責任者を務めるピーター・レザーは次のように述べている。「“Chasing Cars”はラジオや公共、とりわけ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』を初めとした多くの番組で使用されたテレビの世界で多大な成功を収め、アンセムとしての人気を獲得しました」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ