GETTY

Photo: GETTY

ケリー・クラークソンはテイラー・スウィフトとスクーター・ブラウンの騒動についてテイラー・スウィフトに助言を送っている。

7月13日にテイラー・スウィフトに向けて投稿したツイートの中でケリー・クラークソンは「マスター音源を所有していない曲を再レコーディングする」ように促している。ケリー・クラークソンはまたそれぞれのアルバムに新たなアートワークといった「新たな購入動機」を準備すればファンは昔のバージョンを買わないだろうと述べている。

「自説を証明するために私はすべての新バージョンを購入するわ」とケリー・クラークソンは締めくくっている。

2週間前、テイラー・スウィフトは初期6作のマスター音源をジャスティン・ビーバーらのマネージャーであるスクーター・ブラウンに購入されたことを受けて遺憾の意を表明している。テイラー・スウィフトはタンブラーで発表した声明で自身のマスター音源を購入する機会を与えられなかったと主張しており、スクーター・ブラウンの「執拗ないじめ」を批判し、スクーター・ブラウンがレーベルを購入したことについて「最悪のシナリオ」だと述べている。

パニック!アット・ザ・ディスコのブレンドン・ユーリーやスカイ・フェレイラ、リリー・アレンといったミュージシャンはテイラー・スウィフトを支持することを表明している。

先週、テイラー・スウィフトは自身の歌詞を使ってスクーター・ブラウンを批判し、彼との論争を加熱させている。

7月11日、テイラー・スウィフトはアマゾンの「プライム・デー・コンサート」に出演してパフォーマンスを行っている。テイラー・スウィフトは最後に披露した『1989』収録の楽曲“Shake It Off”のパフォーマンスの中で、「“the liars and dirty, dirty cheats of the world”(世の中にいる嘘つきや汚い裏切り者)」という歌詞を強調して歌っている。

ビッグ・マシーン・レーベルは7月10日に、テイラー・スウィフトの初期の一連のシングルをアナログ盤として再発することを発表している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ