PRESS

Photo: PRESS

ヴァン・ヘイレンのシンガーであるデイヴィッド・リー・ロスは1985年に一度ヴァン・ヘイレンから脱退した当時を振り返り、メンバー同士が「互いに憎み合っていた」と語っている。

デイヴィッド・リー・ロスは1985年の全盛期にバンドを脱退しており、2007年にバンドに再び復帰している。

デイヴィッド・リー・ロスは今回、ポッドキャスト「WTF・ウィズ ・マーク・マロン」によるインタヴューの中で1985年にヴァン・ヘイレンを脱退した当時を振り返り、「最後の電話まで常にお互いに憎み合っていた」ことを明かしている。

彼は次のように語っている。「常にクリエイティヴ面での相違があったんだ。仲が良かったことはなかったよ。元々はライバル・バンド同士だったからね。忌々しいライバルという感じだったんだ。でも、それが一つにまとまったら、素晴らしいものになったんだ」

一方、デイヴィッド・リー・ロスはバンド内の軋轢こそがメンバー同士の友情を深めていたとして次のように続けている。「お気に入りのジーンズのことを考えてみてほしいんだ。クタクタになって、穴だらけになっているようなね。僕らが一番好きなのは、その破れた部分なわけでさ」

また、ヴァン・ヘイレンのメンバー同士でディナーに出かけたりはするのかという質問には次のように答えている。「絶対にないね。僕たちはゴルフのクラブじゃないんだ。(映画の)『ワイルドバンチ』に近いような感じかな。そこには怒りや敵対心があって、いいものが生まれた時には『マジかよ』ってなるっていうさ」

今年5月、デイヴィッド・リー・ロスはヴァン・ヘイレンがラスベガスで定期公演を行う可能性について言及していた。

デイヴィッド・リー・ロスは「ハリウッド・ライフ」とのインタヴューでラスベガスで定期公演を行う可能性はあるかと訊かれると、次のように答えている。「ちょうどそれについて考えたところなんだよ。昨日もハウス・オブ・ブルースに行っていたんだけどさ。たくさんの人たちからリクエストを受けたんだよね」

「僕はあらゆる世代の罪深き真夜中の守護聖人のような存在だからね。身内に留まらないものになると思うよ。カウボーイのハットを被ってきたっていいし、5インチのヒールのついた木靴を履いて、髪にラメを付けて来たっていい。ドレッドヘアでも、角刈りでも構わないし、仕事用の軍服を着て来たって構わない。仕事用のビキニだっていいんだ。デヴィッド・リー・ロスが一連の公演に持ち込むものは分かるだろう?」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ