GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイは新曲が来週リリースされるのではないかと報じられている。

この情報は『ケラング!』誌のラジオ番組「ブレックファスト・ウィズ・ソフィー・K」の中で司会のソフィー・Kが明らかにしたもので、彼はグリーン・デイの新曲が「7月19日午後5時(日本時間の7月20日午前1時)」にリリースされると述べている。

グリーン・デイは2016年に現時点での最新作『レボリューション・レディオ』をリリースして以来、新曲をリリースしていない。

一方、フロントマンのビリー・ジョー・アームストロングは現地時間7月9日、マイク・ダーントやトレ・クールと共にキッチンで撮影されたと思われる写真を「永遠の悪ガキ」というキャプションと共にインスタグラムに投稿している。

この投稿をInstagramで見る

Mischief 4ever

Billie Joe Armstrongさん(@billiejoearmstrong)がシェアした投稿 –

ビリー・ジョー・アームストロングは昨年12月にグリーン・デイとしての新曲に取り組んでいることを明かしており、インスタグラム上でグリーン・デイの新曲はいつ頃になるのかと尋ねたファンに対し、直接次のように応じている。

「今、グリーン・デイのための新曲を書いているところだよ」とビリー・ジョー・アームストロングは述べている。

グリーン・デイは2017年に、21年間バンドに連れ添ったマネージャーのパット・マグナレラと袂を分かつことになったことを明らかにしている。

パット・マグナレラはグリーン・デイのブレイク作『ドゥーキー』のリリースから2年後の1996年からバンドのマネージメントを務めていた。

パット・マグナレラはバンドのマネージャーのみならず、ミュージカル『アメリカン・イディオット』のプロデューサーも務めており、ビリー・ジョー・アームストロングの自主レーベルであるアデライン・レコーズの運営も行っていた。

グリーン・デイはその後、クラッシュ・ミュージックのジョナサン・ダニエルと契約を結んだことが発表されている。クラッシュ・ミュージックはシーアやフォール・アウト・ボーイ、ロードといったアーティストのマネージメントを手掛けている。

ビリー・ジョー・アームストロングはグリーン・デイとしてのリリースがなかった期間にも精力的に活動を行っており、自身の新バンドであるザ・ロングショットとして2018年にデビュー・アルバム『ラヴ・イズ・フォー・ザ・ルーザーズ』をリリースしているほか、今年5月にリリースされたモリッシーのカヴァー・アルバム『カリフォルニア・サン』にも参加して、モリッシーと共にフィフス・ディメンションの“Wedding Bell Blues”をカヴァーしている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ