PRESS

Photo: PRESS

ポスト・マローンは半年ぶりとなる新曲“Goodbyes”が公開されている。

新曲“Goodbyes”のリリースはソーシャル・メディアで予告されていたもので、予告する映画風のポスターには「TOO MUCH PLEASURE IS PAIN(度を超えた喜びは痛みだ)」というコピーが掲載されていた。

新曲“Goodbyes”はこちらから。

“Goodbyes”はフィーチャリングでヤング・サグが参加しており、“Sunflower”や“Wow.”を手掛けたルイス・ベルと、フィフス・ハーモニーの“Work From Home”やカミラ・カベロの“Havana”を手掛けたブライアン・リーがプロデュースを担当している。

ポスト・マローンはガンズ・アンド・ローゼズやベックと共にニューオーリンズで開催されるヴードゥー・ミュージック+アーツ・エクスペリエンスのヘッドライナーを務めることが決定している。

今年で21回目の開催となるヴードゥー・ミュージック+アーツ・エクスペリエンスは10月25日から27日にわたってニューオーリンズのシティ・パークで開催される。

今年のヴードゥー・ミュージック+アーツ・エクスペリエンスにはブランディ・カーライル、ザ・ナショナル、ベースネクター、ブリング・ミー・ザ・ホライズン、インターポール、クライロらが出演することも決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ