GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは現地時間6月29日に出演したロラパルーザ・ストックホルムで、自身が2015年に足を骨折した際に治療に当たった医師をステージに招いて“My Hero”を共に披露している。

デイヴ・グロールは“My Hero”のパフォーマンス中にオーディエンスのなかにいた医師のヨハン・サンプソンを指差すと、「彼がそこにいるんだ! 彼のために歌ってくれ!」と観客に呼びかけ、観客もそれに応じている。

デイヴ・グロールは2015年にヨーテボリのウッレヴィ・スタジアムで行った公演中にステージから落下して、足を骨折する怪我を負っている。

フー・ファイターズはデイヴ・グロールのこの怪我が原因で同年のグラストンベリー・フェスティバルへのヘッドライナーとしての出演の辞退を余儀なくされいる。フー・ファイターズはその後、2017年にグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを改めて務めている。

ヨハン・サンプソンはその後、クラウドサーフィンでステージまで移動して、“My Hero”の終盤のパートをデイヴ・グロールと共に歌っている。

観客が撮影した映像はこちらから(デイヴ・グロールがヨハン・サンプソンに言及するのは6分10秒を経過したあたりから)。

フー・ファイターズのツアーは夏まで行われる予定となっており、8月にはザ・1975やポスト・マローン、トゥエンティ・ワン ・パイロッツと共にUKのレディング・ アンド・リーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが発表されている。

フー・ファイターズはレディング・ アンド・リーズ・フェスティバルに先駆けてUKで一連の公演を行う予定となっており、現地時間8月17日にグラスゴー・サマー・セッションでヘッドライナーを務める予定となっているほか、その翌週にはダブリンやベルファストで公演を行うことが発表されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ