GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランはテイラー・スウィフトとスクーター・ブラウンの騒動について沈黙を破っている。

スクーター・ブラウンはスコット・ボーチェッタによるビッグ・マシーン・レーベル・グループを3億ドル(約324億円)で購入したことが明らかになっている。ビッグ・マシーン・レーベル・グループはテイラー・スウィフトのデビュー・アルバム『テイラー・スウィフト』から2017年発表の『レピュテーション』までの権利を保有している。

このニュースを受けてテイラー・スウィフトはソーシャル・メディアで遺憾の意を表明している。「世間にも発表された今、スクーター・ブラウンが私のマスター音源を購入したことを知りました。それで思うのは彼から長年受けてきた、巧みに操られた執拗ないじめのことです」

テイラー・スウィフト、そしてスクーター・ブラウンがマネージメントを手がけるジャスティン・ビーバーとも友人関係が知られているエド・シーランだが、インスタグラムで今回の買収劇について初めて言及している。

あるユーザーが「何も投稿していないからって彼が彼女を支持していないということにはなりません。多分、彼は彼女を話をしているのです。誰が分かると言うのでしょう。その友人関係を疑問視することはできません。だって、ソーシャルで何も言わないのは、それが現実じゃないからです。彼は最も彼女のことを支持しています。だって親友ですから。彼は直接話せることをインスタグラムに書いて時間を無駄にしなかっただけです」とコメントすると、エド・シーランは次のように述べている。「彼女とは直接話をしたよ。いつもそうしているようにね」

EdSheeranInstagram

この問題についてはジャスティン・ビーバーがスクーター・ブラウンを擁護するメッセージをテイラー・スウィフトに宛てて送っているほか、ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトの現在の所属レーベルであるリパブリック・レコーズから過去の6作品を再リリースすることを求める署名活動に署名している。

テイラー・スウィフトは昨年11月にリパブリック・レコーズとユニバーサル・ミュージック・グループと複数年に及ぶレコード契約を締結している。15歳の時に結んだビッグ・マシーン・レコーズとの契約は終了を迎えていた。

テイラー・スウィフトの契約はユニバーサル・ミュージック・グループのスポティファイの収益がアーティストに直接支払われることを保証するもので、今後のマスター音源はテイラー・スウィフトが所有することも明らかになっていた。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ