Still/Youtube

Photo: Still/Youtube

ケイティ・ペリーは過去6作のマスター音源をスクーター・ブラウンに購入されたと報じられているテイラー・スウィフトを支持している。

スクーター・ブラウンはスコット・ボーチェッタによるビッグ・マシーン・レーベル・グループを3億ドル(約324億円)で購入したことが明らかになっている。ビッグ・マシーン・レーベル・グループはデビュー・アルバム『テイラー・スウィフト』から2017年発表の『レピュテーション』までの権利を保有している。

このニュースを受けてテイラー・スウィフトはソーシャル・メディアで遺憾の意を表明している。「世間にも発表された今、スクーター・ブラウンが私のマスター音源を購入したことを知りました。それで思うのは彼から長年受けてきた、巧みに操られた執拗ないじめのことです」

これを受けてテイラー・スウィフトのファンは現在の所属レーベルであるリパブリック・レコーズから過去の6作品を再リリースすることを求める署名活動を始めている。「Change.org」で立ち上げられたこの活動は記事執筆時点で16万を超える署名を集めている。

ケイティ・ペリーも署名に加わった1人となっていて、「私はテイラーを支持します。友人よ、強くあってください」とコメントしている。

https://www.change.org/p/taylor-swift-make-taylor-swift-re-release-her-6-albums

一方、ジャスティン・ビーバーは自身のマネージャーであるスクーター・ブラウンを擁護するメッセージをテイラー・スウィフトに宛てて送っている。

ジャスティン・ビーバーはかつてテイラー・スウィフトとカニエ・ウェストが険悪な時に、スクーター・ブラウンやカニエ・ウェストらとテレビ電話している写真をインスタグラムに投稿して、「テイラー・スウィフト、調子はどう?」とキャプションに綴っていた。

今回、ジャスティン・ビーバーはインスタグラムで次のように述べている。「こんにちは、テイラー。まずは、傷つけてしまうような投稿をインスタグラムにアップしてしまったことを謝らせてほしい。この時は面白いと思ったんだけど、振り返ってみて、不愉快で、無神経だったことに気がついたよ」

「正直に言うと、キャプションを書いたのは僕であって、スクーターとカニエのスクリーンショットには『テイラー・スウィフト、調子はどう?』と書かれてはいるけど、彼は一切関係がないし、この会話の中でそのような発言はされていないんだ。それに、そういうジョークは言うものじゃないって僕に教えてくれたのはスクーターなんだよ」

「君が寛大にも僕をオープニング・アクトに起用してくれたその日から、スクーターはずっと君の味方だよ! 君と僕がお互いの困難や傷ついた経験、憤りについて最後に話してから、もう何年も経っている。だから、君がソーシャル・メディアでこのことに言及して、人々にスクーターのことを憎ませようとしているのは不公平だよ」

テイラー・スウィフトは昨年11月にリパブリック・レコーズとユニバーサル・ミュージック・グループと複数年に及ぶレコード契約を締結している。15歳の時に結んだビッグ・マシーン・レコーズとの契約は終了を迎えていた。

テイラー・スウィフトの契約はユニバーサル・ミュージック・グループのスポティファイの収益がアーティストに直接支払われることを保証するもので、今後のマスター音源はテイラー・スウィフトが所有することも明らかになっていた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ