PRESS

Photo: PRESS

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーはサム・スミスとノーマニによるヒット曲“Dancing with a Stranger”をカヴァーした映像が公開されている。

これはBBCラジオ1の番組「ライヴ・ラウンジ」のために収録されたもので、自身の最新シングル“Easier”も披露している。“Dancing with a Stranger”の最後ではディスクロージャー&サム・スミスによる“Latch”もマッシュアップしている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

“Easier”は2014年に発表したセルフ・タイトル・デビュー・アルバムから昨年リリースの最新アルバムまで約4年間在籍していたキャピトル・レコードから、米・ロサンゼルスに本拠地を構えるインタースコープ・レコードに衝撃移籍を経てからの第1弾シングルとなる。プロデューサー陣にアンドリュー・ワット、ルイス・ベル、そしてチャーリー・プースが迎えられている。

リード・ヴォーカルのルーク・ヘミングスは“Easier”について次のように語っている。「これまで発表した自分たちのシングルの中で“Easier”は今までで最も自信がある曲なんだ。視覚的にも音響的にも、前作のアルバムを通して新たに発見した自分たちの新しい側面を、この曲でアウトプットできたと思ってるよ。“Easier”で、“新生5SOS”をうまく表現できて本当に嬉しいよ」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ