GETTY

Photo: GETTY

ホールジーは過去のメンタルヘルスとの闘いについて打ち明け、これまでのキャリアで精神病院に2度入院したことがあると明かしている。

本名をアシュリー・ニコレット・フランジパーネという現在24歳のホールジーは米『ローリング・ストーン』誌とのインタヴューで過去に抱えていたメンタル・ヘルスの問題について言及して、今はそれを打ち明けることを恥ずかしいことだとは思わないと語っている。

「ホールジーになってから、精神病院に2度入院したことがあるの。このことは誰も知らないわ」とホールジーは米『ローリング・ストーン』誌に明かしている。「でも、もうこれを話すことが恥ずかしいことだとは思わない。自分で選択したことだしね」

「マネージャーにこう言ったの。『今すぐにマズイことをしようというわけじゃないんだけど、でも、そういうことをしてしまうかもって怖いところにいるの。だから、それを解決しなきゃいけないの』ってね」

ホールジーは次のように続けている。「自分の身体で起きていることだから、外に出すべきタイミングくらい自分で分かるわ」

ホールジーは過去に性的暴行の被害に遭ったことについても言及して、次のように語っている。「私がムカついているのはね、若い男の人たちは人々を支配するために成功や力を得ようとしていて、若い女性たちは支配される心配をしなくて済むように成功や力を得ようとしているっていうこと……そんなのは幻想なの。嘘でしかない。もしあなたが女性なら、いくら成功を収めて名声を得たところで、安心できることなんてないの。絶対にね」

ホールジーは続けて、自身の過去の経験を打ち明けることのリスクについて語っている。「私は『グラミー賞にノミネートされたポップ・シンガー』じゃなくなって、『レイプ被害者』になってしまうの。そうじゃないのに、そんなのありえないわ。(グラミー賞のようなもので)評価してもらえるように、そういうところに括ってもらえるように一生懸命働いてきたのよ」

ホールジーは2018年に女性のマーチで行ったスピーチの中で、幼少期に性的虐待を受けたことを打ち明けている。ホールジーはまだ8歳だった2002年に性的虐待を受けたことを明かしているほか、2012年に当時の交際相手から性行為を強要されたことを明かしている。また、ホールジーは2017年に性的虐待を受けたことも明かしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ