PRESS

Photo: PRESS

ブリンク182はニュー・シングル“Generational Divide”の音源が公開されている。

先週、ブリンク182のマーク・ホッパスはラジオに出演した際に「ツアーに出る前に少なくとも新曲を2曲出しておきたいね」と語っていた。ブリンク182は6月27日より『エニマ・オブ・ザ・ステイト』の20周年を記念したリル・ウェインとの共同ヘッドライナー・ツアーをスタートさせることが決定している。

“Generational Divide”の音源はこちらから。

ブリンク182は先月、1つ目の新曲となる“Blame It On My Youth”をリリースしている。

ブリンク182はマット・スキバが初参加した2016年発表の『カリフォルニア』に続く新作に取り組んでいることが報じられている。マット・スキバは2015年にギタリスト兼フロントマンとしてトム・デロングに代わって加入している。

今年3月、ブリンク182のドラマーであるトラヴィス・バーカーはバンドの新作の方向性について「文字通りどんなことも起こり得る」と語っている。「ブリンク182にとって最も重要なアルバムの一つを作っていると思っているんだ。だから、それは誇らしいことだよね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ