GETTY

Photo: GETTY

カート・コバーンとコートニー・ラヴの娘であるフランシス・ビーン・コバーンはさらなる新曲の一部をアコースティックで演奏する映像をインスタグラムで公開している。

「先に注意しておくと、これはとっても悲しい曲の映像だけど、ありのままの正直な楽曲をシェアしたいと思ったの」と現在26歳のフランシス・ビーン・コバーンはキャプションに添えて、歌詞と共にタイトルの明かされていないこの曲をアコースティックで演奏する2本の動画を投稿している。

フランシス・ビーン・コバーンはギターを弾きながらカメラに向かって次のように歌っている。「I know you weren’t meant to stay in this place/Sometimes I find it hard to look at my own face/Maybe one day I will talk to you/If I’m lucky it won’t be too soon(ここはあなたのいるべき場所じゃないって分かってる/時々、自分の顔すらも見られなくなることがある/もしかしたら、いつかあなたと話すことができるかも/運がよければね。そんなにすぐではないけれど)」

フランシス・ビーン・コバーンは投稿の最後で音楽が「間もなく」リリースされると述べているほか、「いつも興味を持ってくれたり、激励の言葉を送ってくれる」ことへの感謝をファンやフォロワーに伝えている。「全部に目を通しているし、胸がいっぱいになるわ」

フランシス・ビーン・コバーンはこれまでにも何度かギターを片手に自身の楽曲を演奏する映像をインスタグラムに投稿している。彼女は昨年の12月に「ラフだけど繊細な」楽曲の一部を公開しているほか、同年の9月には1990年代のグランジを彷彿とさせる楽曲の一部を公開している。フランシス・ビーン・コバーンはコロムビアと2枚のアルバムをリリースする契約を結んだことが報じられているものの、デビュー・アルバムのリリース時期に関する情報については現時点で明らかになっていない。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ