GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはエックスエックスエックステンタシオンが一周忌を迎えたことを受けて彼に追悼の意を表している。

本名をジャセー・オンフロイというエックスエックスエックステンタシオンは2018年6月18日にフロリダ州ブロワード郡にあるバイクショップを出るところで銃撃に遭い、亡くなっている。享年20歳だった。

ビリー・アイリッシュはインスタグラムのストーリーで「あなたが恋しいわ。そちらで元気にしていることを願ってる。あなたに万歳を」と述べている。ビリー・アイリッシュはストーリーに投稿した一連の3つの投稿の中でエックスエックスエックステンタシオンの名前には言及していないものの、ビリー・アイリッシュは生前にエックスエックスエックステンタシオンと親しくしていたことで知られており、過去のインタヴューでも彼が亡くなったことに言及している。

ビリー・アイリッシュは今年3月に行ったインタヴューの中でエックスエックスエックステンタシオンが亡くなった時のことを振り返り、「亡くなった人への愛を示したことで、憎まれる必要なんてない」と語っている。「私はきちんと追悼したいと思っているし、それを恥ずかしいことだとは思いたくない」

エックスエックスエックステンタシオンについては一周忌を迎えたことを受けて、ドキュメンタリー作品が公開されることも決定している。

エックスエックスエックステンタシオンのマネージャーを務めていたソロモン・ソバンデは約40秒のトレイラー映像が公開されている。

トレイラー映像はこちらから。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ