GETTY

Photo: GETTY

ドレイクはトロント・ラプターズがカナダのチームとして史上初のNBAチャンピオンになったことを受けて2曲の新曲を発表している。

トロントではチームの優勝を祝おうと、ストリートではドレイクの楽曲やサイレン、車のクラクションとチャントで溢れている映像が公開されていた。

ドレイクは優勝を受けて2曲の新曲を公開することを発表していたが、『ザ・ベスト・イン・ザ・ワールド・パック』と題されたシングルには“Omertà”とリック・ロスを迎えた“Money in the Grave”が収録されている。

『ザ・ベスト・イン・ザ・ワールド・パック』の音源はこちらから。

ドレイクは2013年にトロント・ラプターズのグローバル・アンバサダーに就任しており、多くの試合でサイドラインから観戦している様子が目撃され、時に熱が入りすぎて注意されたことも報じられてきた。

「ポエティックだな。何が起きたか、みんな見てみろよ」とドレイクは試合後に行われた感極まったインタヴューで答えている。「(トロントの街の愛称である)ザ・シックスが6試合目で決めたんだ。カイル・ロウリーがリングを制し、カワイ・レナードと共に優勝(ザ・チップ)をこの街にもたらしてくれたんだ。俺だって自分のチップをつぎ込みたいよ。それだけだね」

「俺たちは心の底から、愛をもってやりのけたんだ。現実のものとすることを求め、高らかにやってみせたんだ」と彼は続けている。また、ドレイクはインターネットに向けてこの優勝を拡散するよう呼びかけている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ