GETTY

Photo: GETTY

リンキン・パークのチェスター・ベニントンの妻であるタリンダ・ベニントンはメンタル・ヘルスの重要性について語った動画を投稿するようにファンに呼びかけている。

チェスター・ベニントンは2017年7月に亡くなっている。享年41歳だった。彼は自殺で亡くなったことが明らかにされている。

タリンダ・ベニントンはチェスター・ベニントンを亡くした後、「320チェンジズ・ディレクション」というプロジェクトを立ち上げている。これは2018年の3月20日にチェスター・ベニントンが42回目の誕生日を迎えたことを記念して立ち上げられたプロジェクトで、メンタル・ヘルスの問題を抱える人々を支援し、鬱や依存症の問題につきまとう汚名を払拭しようという取り組みとなっている。

タリンダ・ベニントンは今回、それらの問題の重要性を改めて周知するため、メンタル・ヘルスの問題について語った30秒間の動画を投稿するようにファンに呼びかけている。

「とても興奮しているわ。今週は『ア・ウィーク・トゥ・チェンジ・ディレクション』よ」とタリンダ・ベニントンはインスタグラムに投稿したメッセージ動画の中で語っている。「皆さんには、メンタル・ヘルスがなぜ重要なのかについて語った30秒間の動画を投稿してくれるようにお願いするわ」

「私にとってはこのことはとてもパーソナルなもので、メンタル・ヘルスに関する文化に変化をもたらすために人生を捧げてきた。動画を投稿する時には『#ChangeDirection』と付けることを忘れないで。みんなのメッセージを楽しみにしているわ!」

タリンダ・ベニントンはキャプションの中で、今回の試みについて「『ア・ウィーク・トゥ・チェンジ・ディレクション』の動画を拡散する」のが目的だとした上で、「一番ユニーク(で、少しクレイジーな)」動画をリポストするとしている。

一方、チェスター・ベニントンの息子であるジェイミー・ベニントンは現地時間6月1日に「ストレンジ80ズ」のチャリティ公演でパフォーマンスを行っている。今年で3年目を迎えた「ストレンジ80ズ」は80年代の音楽をチャリティのために様々なアーティストが演奏するもので、収益の100%が「320チェンジ・ディレクション」とパートナーシップにある「ギヴ・アン・アワー」に寄付される。

ジェイミー・ベニントンは「ストレンジ80ズ」で撮影した一連の写真を自身のインスタグラムに投稿している。

リンキン・パークはチェスター・ベニントンが亡くなって以来、初めて新曲のレコーディングについて話し合っていると報じられている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ