Tom Beard

Photo: Tom Beard

リアム・ギャラガーは来たるニュー・アルバム『ホワイ・ミー?・ホワイ・ノット』からの最初のシングルとなる“Shockwave”のミュージック・ビデオが公開されている。

リアム・ギャラガーは新作のサウンドについて“Shockwave”がそのヒントになっているのかと訊かれると、彼は次のように答えている。「ああ、いくつかの曲はああいう感じだよ。ロックンロールのギターが鳴っているという感じでね。コズミック・ポップでもないし、少なくともレオ・セイヤーのような感じでもない。レオ・セイヤーに対してムカついているわけではないよ。ただ、俺がやるべきなのはこういうものだし、人々が求めているのもそうだと思うんだ」

今回公開された“Shockwave”のミュージック・ビデオはこちらから。

監督は『アズ・ユー・ワー』からのファースト・シングル“Wall Of Glass”のミュージック・ビデオを手掛けたフランソワ・ロスレーが務めている。

現時点でアルバムからは“Shockwave”のみが公開されているだけだが、先日、リアム・ギャラガーはアルバムの他の収録曲について語っている。「“Shockwave”のような曲がもう何曲かあるんだ」

「“A River”という曲があって、まさに野獣のような曲なんだ。あまりにヘヴィだから、ラジオじゃかからないと思うけどな。けど、もし流したい人がいたら、流してほしいね。そういう曲なんだ」

「ヘヴィなんだよ。まさにな。どのくらいヘヴィかっていうと、ブルドーザーみたいな感じだよ。それよりもヘヴィだ。それから“Once”っていう曲もあって、どちらかというとピンク・フロイドやボウイのようなバラードの曲で、壮大なんだ。それからもう何曲か……娘のモリーのために書いた“Now That I’ve Found You”っていう曲もあるよ」

「娘は行方不明になっていたわけでも、タリバンに誘拐されていたわけでもないけどさ。『ようやく俺の人生に加わった』っていう気持ちなんだ。クールな曲だよ。悪くないと思う」

リアム・ギャラガーは今月、グラストンベリー・フェスティバルのピラミッド・ステージに出演する予定となっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ