GETTY

Photo: GETTY

リアーナは2016年発表の前作『アンチ』に続く通算9作目となる待望のニュー・アルバムについての新たな情報を明かしている。

リアーナは今回『インタヴュー・マガジン』誌で映画『オーシャンズ8』で共演した女優のサラ・ポールソンによるインタヴューに応じている。

リアーナはサラ・ポールソンによるインタヴューの中で、サウジアラビア出身の実業家であるハッサン・ジャミールとの交際についてや、数多く手がけている事業のバランスをいかに取っているかについて語っているほか、最も重要な関心事の一つである新作についても話題が及んでいる。

リアーナはニュー・アルバムに取り組んでいることを明かした上で次のように語っている。「リリースできないのが本当に残念。今はとても楽しい作品に取り組んでいるという感じなの。これまでに完成している多くのものについては満足しているんだけど、完成するまでは出したくないのよ」

「急ぐ必要はないんだけど、リリースはしたいと思っている。今は『ビデオを撮影するための時間が取れなくても、アルバムはリリースする』っていう段階まで気持ちが来ているわ」

サラ・ポールソンからアルバムはいつ頃リリースされるのかと訊かれると、リアーナは次のように答えている。「私も知りたいわ。来月にはスタジオでの時間にも制限をつけないことにするつもりなの」

同じインタヴューの中で、リアーナは前作『アンチ』について自身がキリスト教への信仰を失いかけていた時にレコーディングしたものであることを明かしている。

「神様に近づくことも許されないほどに、自分が神様を失望させてしまったかもしれないと思っていた時があったわ」とリアーナは語っている。「実は、それは『アンチ』を作っていた時のことなの。あの時は本当に難しい時期だったけど、神様のおかげで乗り越えることができたわ」

「あの時は悪魔に侵入を許して、自分がダメかもしれないって思わされた感じなの。自分は神様に近づく価値がないんだって。厳密にはそうじゃないけど、そういう気持ちにさせられたわ」

一方、リアーナは先日、ビヨンセやマドンナらを上回って世界で最も裕福な女性ミュージシャンに認定されている。

リアーナは音楽のバック・カタログやツアーでの収入、自身の化粧品ブランド「フェンティ・ビューティー」の成功などによって6億ドル(約649億円)の総資産を所有していると試算されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ