GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのフロントマンであるミック・ジャガーは心臓の手術を終えてからは初となるインタヴューに応じている。

現在75歳のミック・ジャガーは今年4月にニューヨークのプレビステリアン病院で心臓弁の置換手術を受けており、バンドは彼の手術に際してツアーの日程を延期している。その後、延期となっていた北米ツアーは振替日程が発表されて、ツアーは今月21日にシカゴ公演からスタートする予定となっている。

ミック・ジャガーは今回カナダのラジオ局「Q107」のポッドキャスト「ザ・デイリー・デリンジャー」に出演して、術後初となるインタヴューに応じている。

「ここ数週間はリハーサルをたくさんこなしているんだ」とミック・ジャガーはインタヴューの冒頭で自身の近況について明かしている。「今朝もジムで少し動いてきたんだよ。特別なことはしていない。その後で、バンドの残りのメンバーとリハーサルをしたんだ」

ミック・ジャガーは続けて、来たる全米ツアーでは「これまでにやったことがない曲」を披露することを明かした上で、バンドとして演奏しなければいけないと感じている楽曲はどの曲かという質問には次のように答えている。「ファンが好きなのは、“Paint it Black”や“Honky Tonk Women”、“Satisfaction”といった楽曲だよね」とミック・ジャガーは語っている。

「必ずしもそのすべてを演奏する必要はないと思っていてね。時にはそのうちの1曲か2曲を取り除くこともある。10曲くらいはファンが聴きたいと思っている曲があるんじゃないかな。そのうちの1曲もやらなかったら、ファンがどう感じるのだろうと思うよ。きっと『残念だよ、この曲を聴きに来たのに』って言われるんだと思う」

同じインタヴューの中で、現在75歳のミック・ジャガーは今でもツアーに出るのが好きだとした上で、歳を重ねた今もツアーを続けていることについて次のように語っている。「常に1年のうちの12ヶ月をツアーにあてているわけじゃないからね。若い時はそうだったのかもしれないけどさ。今は1年のうちの3ヶ月から4ヶ月をツアーに充てているわけで、いいバランスが取れている気がするよ」

一方、ザ・ローリング・ストーンズは先日、来たる全米ツアーのサポート・アクトが発表されている。

ザ・ローリング・ストーンズはサポート・アクトとしてザ・ウォンバッツやナサニエル・レイトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツ、ゲイリー・クラーク・ジュニアなど、様々なアクトが出演することが明らかになっている。

また、ザ・ローリング・ストーンズはザ・ヴァーヴの楽曲“Bitter Sweet Symphony”のロイヤリティや権利をリチャード・アシュクロフトに譲渡し、ソングライターのクレジットから名前を取り除くことで同意したことが明らかになっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ