GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーはUFCの八角系のリングであるオクタゴンで試合をしたいとして、意外にもトム・クルーズに挑戦を申し込んでいる。

トム・クルーズとの間に確執があるのかどうかは定かではないものの、ジャスティン・ビーバーは現地時間6月9日にツイッターでトム・クルーズに試合を申し込んでおり、実現させるためにUFCの代表を務めるダナ・ホワイトの名前にも言及している。

ジャスティン・ビーバーは挑発するような言葉遣いで次のようにツイートしている。「トム・クルーズにオクタゴンでの試合を申し込みたいんだ。トム、もし試合をしたくないのだとしたら、きっと恐れているんだろうね。一生後悔することになるよ。試合を実現させてくれる人はいる? ダナ・ホワイトはどう?」

どちらが勝利して(UFCを代表する選手である)コナー・マクレガーのような道を進むことになるのかは定かでないものの、トム・クルーズは映画の撮影中に命懸けのスタントを自らこなしていることで知られている一方で、ジャスティン・ビーバーは2014年にイビサ島で俳優のオーランド・ブルームに殴られたことで知られている。

コメディアンのダン・ラモーテはジャスティン・ビーバーが負ける可能性を想定して、次のように返信している。「もし君が負けたら、サイエントロジストにならないとな」

一方、一部のユーザーは格闘技の試合よりもジャスティン・ビーバーの新曲を聴きたいようで、「私はジャスティン・ビーバーに5作目のスタジオ・アルバムをリリースしてもらうようチャレンジしたい」とファンの1人はツイートしている。

ジャスティン・ビーバーは先月、音楽活動の一時的な休止から復活してエド・シーランとのコラボレーションによるシングル“I Don’t Care”をリリースしている。両者のコラボレーションは今回で3度目となっており、エド・シーランはこれまでにジャスティン・ビーバーの“Love Yourself”や、ジャスティン・ビーバーが参加したメジャー・レイザーの“Cold Water”のソングライティングを手がけている。“I Don’t Care”は7月12日にリリースされるエド・シーランのコラボレーション・アルバム『No.6コラボレーション・プロジェクト』に収録される。

一方、トム・クルーズは1986年に公開された映画『トップガン』の続編となる『トップガン:マーヴェリック(原題)』の制作が進められており、本作は2020年の公開が予定されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ