GETTY

Photo: GETTY

ドラマ『アメリカン・ゴッズ』の著者である作家のニール・ゲイマンと映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の監督であるピーター・ラムジーはデヴィッド・ボウイの映画制作への関心を示している。

デヴィッド・ボウイについては今年2月、俳優のジョニー・フリンが主役を務める伝記映画の制作が発表されていたものの、デヴィッド・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズは当時、当該のドキュメンタリー作品に家族の承認を与えるつもりはないと主張していた。

映画『月に囚われた男』や『ミッション:8ミニッツ』の監督を務め、現在は『ローグ・トルーパー(原題)』の映画化を手掛けているダンカン・ジョーンズは現地時間6月7日に、ツイッターでのファンへの返信でニール・ゲイマンとピーター・ラムジーが参加する場合に限り、デヴィッド・ボウイの映画化作品に承認を与えることを改めて強調している。

ダンカン・ジョーンズは今回「ボウイは王様なの! 私の人生で一番のロックスターである彼についての映画を観たいんだけど、ダンカン・ジョーンズの承認がなきゃダメよね」というファンのツイートに対して、次のようにツイートしている。「そうだな、前にも言ったように、ニール・ゲイマンとピーター・ラムジーに作ってもらえるように、みんなが必死になって願ってくれれば実現するよ」

ダンカン・ジョーンズのツイートに最初に反応を示したのはピーター・ラムジーで、彼は冷や汗をかいているジョーダン・ピールのGIF画像を投稿して次のようにツイートしている。「やあ、プレッシャーはないよ。ニールはどう?」

その後、ニール・ゲイマンも返信に加わって次のようにツイートしている。「僕も参加するよ」

「つまり、ツイートされたというわけだ」とダンカン・ジョーンズは続けている。

ダンカン・ジョーンズは映画化された場合でも自身が参加することはないことを強調して、次のようにツイートしている。「僕は『ローグ・トルーパー』を制作する。実現した場合でも、ニールやピーターはこの膨大な作業について僕に邪魔されることはない」

ダンカン・ジョーンズが承認するデヴィッド・ボウイの伝記映画が制作される可能性が浮上したことを受け、ツイッターではファンがその興奮を露わにしている。

「僕のお金を使ってくれていい。歳を取った後のデヴィッド・ボウイはティルダ・スウィントンが演じるべきだ」とファンの1人はツイートしているほか、別のファンは次のようにツイートしている。「あなたの父親の伝記映画に熱心だったわけじゃないけど、ニール・ゲイマンが参加するなんて最高!」

また別のファンは次のようにツイートしている。「このスレッドは幸せな気分になるよ。あなたの父親はその思い出を素晴らしい映画で称えられるに相応しい人だ」

ツイッターでのファンの反応はこちらから。

「一つの映画にこんなにも興奮したことはないかもしれない」

「ツイッターのスレッドで息が止まりそうになったのは初めて。絶対に実現させてくださいね」

「超自然的な要素が入った素晴らしい伝記映画でなければならない。正しいものにしてほしいけど、魔法的な要素も入れて欲しいな」

「思いもよらないことに、ものすごく興奮しているよ! この制作チームが実現してくれることを願うよ!」

「実現させて」

「なんてこと。最高よ。心が弾けそう」

「実現させてください」

一方、ハリウッド・ヴァンパイアーズは先日、来たる新作よりジョニー・デップがヴォーカルを務めたデヴィッド・ボウイの“Heroes”のカヴァー音源が公開されている。

ジョニー・デップ、アリス・クーパー、エアロスミスのギタリストであるジョー・ペリーからなるハリウッド・ヴァンパイアーズは、1977年にデヴィッド・ボウイが同曲をレコーディングしたのと同じベルリンのハンザ・スタジオでこの音源を収録している。

ハリウッド・ヴァンパイアーズによる“Heroes”のカヴァー音源はこちらから。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ