GETTY

Photo: GETTY

ザ・キュアーはデビュー40周年を記念した映像作品『アニヴァーサリー 1978-2018:ライヴ・イン・ハイド・パーク』のトレイラー映像が公開されている。

2017年にその計画が発表されていた本作だが、バンドの長年のコラボレーターであるティム・ポープは作品からの場面写真を今年に入って公開しており、先日、世界各地で上映されることが発表されている。

今回、昨夏に行われたロンドンのハイド・パーク公演を4Kで撮影した『アニヴァーサリー 1978-2018:ライヴ・イン・ハイド・パーク』が7月11日に世界各地で上映される。

トレイラー映像はこちらから。

「あの日はバンドの40年を祝福する完璧なやり方となったね」とザ・キュアーのフロントマンであるロバート・スミスは述べている。「僕たちの誰一人として忘れることはないであろう最高の1日になったんだ」

監督を務めたティム・ポープは次のように述べている。「バンドの40周年の歴史のうちの37年にわたってロバート・スミスと共に仕事をし、1986年には35ミリのフィルムで『ザ・キュアー・イン・オレンジ』を撮影している者として、映画館を訪れてくれるオーディエンスには、その一挙手一投足の中にいるような、音楽の中心にいるような感覚になってほしいと思っています。この映画に収められているザ・キュアーの音楽の真の力や情熱は、まさに世界中のオーディエンスに向けられているものなのです」

「ロバート自身が物語を語るというもので、バンドの40周年を祝福する多くのイベントの一つなんです」とティム・ポープは以前、ドキュメンタリーについてツイートしている。

ティム・ポープは次のように続けている。「僕はこの映画で独自の色味を付け加えると同時に、スーパー8mmの映像やインタヴュー、ブートレッグ、レアなパフォーマンス映像、舞台裏映像といった、これまで未公開だったロバート・スミスの豊饒なコレクションからの『往年のフェイバリット映像』も使う予定です」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ