Still / GETTY

Photo: Still / GETTY

ナイン・インチ・ネイルズはドラマ『ブラック・ミラー』の新シーズンで自身の楽曲をマイリー・サイラスが歌ったことを受けて、『ブラック・ミラー』仕様のTシャツを販売している。

ディストピアを描いたSF作品である『ブラック・ミラー』はネットフリックスで6月5日より第5シーズンがスタートしている。「アシュリー・トゥー」と題された第3話で、マイリー・サイラスはファンの執着の標的となる10代のポップ・アイドルを演じている。

記者会見で制作者のチャーリー・ブルッカーは「(マイリー・サイラスの演じる登場人物が)歌うのはナイン・インチ・ネイルズの曲をポップ・スタンダードに変えた楽曲になる」と明かしていた。チャーリー・ブルッカーはナイン・インチ・ネイルズの楽曲を「アップビートなポップ・ナンバー」に変えるのにトレント・レズナーの許可も取らなければならなかったと説明している。

今回、ナイン・インチ・ネイルズは『ブラック・ミラー』とのコラボレーションによる公式限定Tシャツを販売している。

黒のTシャツはマイリー・サイラスによる“Head Like A Hole”にオマージュを捧げたもので、「Head like a hole! I’m on a roll! Riding so high! Achievin’ my goals!」というフレーズがピンクとブルーで描かれており、背中にはナイン・インチ・ネイルズというバンド名と『ブラック・ミラー』のロゴがプリントされている。

マイリー・サイラスによる“Head Like A Hole”の音源はこちらから。

ナイン・インチ・ネイルズと『ブラック・ミラー』のコラボレーションについて制作者のチャーリー・ブルッカーはトレント・レズナーが「すぐに話を進めて」くれて、関われることを「喜んでくれた」と語っている。

「彼が脚本を見たいと言ったから、僕は歌詞を陽気に書き直したんだ」とチャーリー・ブルッカーは語っている。「僕は世界で最高の作詞家なんかじゃないからね。オリジナルでは『You’re going to get what you deserve(君は自分に値するものを手に入れる)』というところを『I’m stoked on ambition and verve(やる気や活気にはうんざりしている)』と歌っているんだ」

一方、マイリー・サイラスはスペインのプリマヴェーラ・サウンド・フェスティバル出演のためバルセロナを訪れた際に無理やり男性にキスされている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ