GETTY

Photo: GETTY

インエクセスのマイケル・ハッチェンスの波乱に満ちた人生を追ったドキュメンタリー作品『ミスティファイ(原題)』のトレイラー映像が公開されている。

トライベッカ映画祭で初公開された本作は1997年11月に亡くなるまでのマイケル・ハッチェンスの物語を追ったものとなっている。

マイケル・ハッチェンスに非常に近い友人や家族による証言も盛り込まれた本作は未公開映像も使用され、ステージ上でもステージ以外でもマイケル・ハッチェンスの新たな側面を提供するものとなっている。

「彼はすべてを兼ね備えた人だった」とトレイラーの冒頭で友人は語っている。「みんな、彼に惹かれたんだ」

本作ではカイリー・ミノーグらとの交際関係にも言及されており、カイリー・ミノーグも出演している。

「官能的な人ってすべての感覚が刺激されたいと思うのよ」とカイリー・ミノーグはトレイラーで語っている。「そのほとんどは喜びに基づいたもので、それを受け入れるの」

本作にはU2のボノ、インエクセスのメンバー、マイケル・ハッチェンスの兄弟であるレットとティナ、継母のスージー、プロデューサーのニック・ローネイも出演している。

ドキュメンタリー『ミスティファイ』のサウンドトラックも7月5日にリリースされることが決定しており、サウンドトラックからは“Spill The Wine”のカヴァー音源が公開されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ