GETTY

Photo: GETTY

ピート・ドハーティはアークティック・モンキーズがいいバンドだという評判を聞いたために彼らの音楽を避けていたことを明かしている。

ザ・リバティーンズやベイビーシャンブルズのシンガーであるピート・ドハーティはフィル・タガートによる「スラッカー・ポッドキャスト」に出演して、アレックス・ターナー率いるアークティック・モンキーズについての考えを語っている。

「アークティック・モンキーズね。俺は彼らの音楽を聴くのを避けていたんだよ」とピート・ドハーティは語っている。「随分長い間、どうにか彼らのことを避けていたんだ。というのも、彼らがいいバンドだっていうことを聞いてね。それで、彼らの音楽を聴きたくないと思ったんだ」

ピート・ドハーティはかつてライヴの時にバンド・メンバーを誤解してしまったとしている。

「俺は彼らの見た目も知らなかったから、彼らが俺のところに挨拶に来てくれた時に、ほったらかしにしてしまったことが何度かあってね。後になって挨拶に行こうとした時には、彼らの楽屋に近づくことを許してもらえなかったんだ」とピート・ドハーティは語っている。「そういうわけで、まだ彼らとちゃんと会ったことはないんだよ」

ピート・ドハーティはまた、アレックス・ターナーについては次のように語っている。「あの男のことは知らないんだ。多分いいソングライターなんだろうけどさ。そうなのかい? まあけど、彼と関係を持ちたいとは思わないね。彼は曲の中で関係を壊したりしているよな。俺が聴いた曲ではそうだった。分かるかい?」

「恥をかかされた女の子たちが何人かいるよ。言っておくとね」

同じインタヴューの中で、ピート・ドハーティはリアム・ギャラガーとチャリティーのためにボクシングの試合をしたいとも冗談交じりに語っている。

ピート・ドハーティは4月にピーター・ドハーティ&ザ・プータ・マドレスとしてのデビュー作をリリースしている一方で、アークティック・モンキーズは今年4月に最新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』のツアーが終了した可能性が浮上している。

マット・ヘルダースは先日、バンドの次回作について2013年に『AM』をリリースしてから2018年に『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』をリリースするまでにかかった5年という期間を要することはないだろうと語っている。

新作のリリースまで同じくらいの間隔が設けられることになるのかと訊かれると、マット・ヘルダースは次のように答えている。「そうは思ってないね。休止期間は様々な状況に基づいていたものだと思うし、当時の自分たちには必要なものだったんだよね。でも、バンドとしてそうするのがパターンになっているわけじゃないんだ。スタジオにいるのは好きだしね。アルバムを作りたくてしょうがないよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ