GETTY

Photo: GETTY

ピート・ドハーティはリアム・ギャラガーとチャリティーのためにボクシングの試合をしたいと冗談交じりに語っている。

リアム・ギャラガーは2017年に、ピート・ドハーティ率いるベイビーシャンブルズのベーシストであるドリュー・マコーネルを自身のバンドに引き入れたことでピート・ドハーティから批判を浴びている。

ピート・ドハーティとリアム・ギャラガーの間には長年にわたる確執があり、二人は元キル・シティのシンガーであるリサ・ムーリッシュという同じ女性との間にそれぞれ子供をもうけている。リアム・ギャラガーは2005年に行った『NME』とのインタヴューで、ピート・ドハーティについて次のように揶揄している。「Libertineって言葉の意味を知ってるか? 自由さ! ピート・ドハーティは部屋の隅っこでヘルメットをかぶりながらヘロインをやってるんだ。そんなの自由って言わないよな。汚ねえよ」

今回、両者の関係は新たな局面を迎えており、ピート・ドハーティは「フィル・タガーツ・スラッカー・ポッドキャスト」に出演して次のように語っている。「スポンサーをつけてボクシングの試合をやるべきだと思うんだ。負けたほうがドリュー(・マコーネル)をゲットするっていうね」

司会のフィル・タガートからリアム・ギャラガーの体格について指摘されると、ピート・ドハーティは次のように応じている。「いいか、彼には体重を測ってもらうよ。そのつもりさ」とピート・ドハーティは語っている。「自分たちや、世の中のために大金を稼げるかもしれないな。どうすればスパークリングの相手としてマンチェスター出身の3フィート(約90センチ)の人を探せるかな?」

リアム・ギャラガーからのこれまでの一連の批判について訊かれると、ピート・ドハーティは次のように答えている。「ここで大砲をぶっ放すつもりはないよ。これを言うと、10人のうち9人の友達が笑うんだけどさ、Vフェスティヴァルの観客の中にあのデカチン野郎がいて、『ピート・ドハーティがちゃんと出ててよかったよ』って周りに言っていたんだ。だから、俺はあいつに一つ貸しがあるのさ」と彼は語っている。「彼にはビンタが必要だよな」

リアム・ギャラガーは以前、『NME』とのインタヴューでドリュー・マコーネルについて次のように語っている。「ドリューに会ったことはなかったんだけどさ、あいつは本当に才能があるんだ。彼はザ・ラーズにも参加したことがあるほどで、それくらいの才能があるんだよ。ベイビーシャンブルズを続けようと、かなり躍起になってるみたいだけどさ。言ってること分かるか?」

「ドリューに会ったら、クールな奴でさ。落ち着いた奴なんだ。『いいか。お前ら、やるべきことをやれ。これがお前の曲だから、黙って取り組んでろ』なんて会話は一度もなかったね」

ピート・ドハーティに連絡は取ったのかと訊かれると、リアム・ギャラガーは当時次のように答えている。「いや。俺はあいつに1回しか会ったことがないんだけどさ、数年前にO2フォーラムにあいつが……何ていう名前だったかな……ファッキン・リバティーンズといた時でね。『よう、マジでデカイんだな』っていう会話くらいしかなかったよ。マイク・スタンドかと思ったね」

ピーター・ドハーティ&ザ・プータ・マドレスとしてのデビュー作をリリースしているピート・ドハーティは先日、ベイビーシャンブルズを再結成する可能性にも言及している。

「ベイビーシャンブルズの再結成にある程度の金額でオファーがあってね。いいバンドだし、曲もよかったよね」とピート・ドハーティは『NME』に語っている。

将来的な再結成はあるのかと訊かれると、ピート・ドハーティは次のように答えている。「いや、それはないね。金が関わってくるわけでさ、勘弁だよ。どれだけ楽曲を好きかは関係ないんだ。『ピート、ベイビーシャンブルズを再結成するのかい?』って思ったっていいけど、誰がベイビーシャンブルズのマネージメントをするんだ? っていうさ。ベイビーシャンブルズにはそういうあらゆる運営上の問題があるんだよ」

「そもそもメンバーはどうなんだ? っていうね。誰がギターを弾くんだい? 絶対にミック(・フィットノール)がいいけど、(前任の)パトリック(・ウォールデン)もやりたがるだろうか? っていうさ。前回はパトリックを復帰させようとしたけど、ミックとパットの二人のほうがいいだろうか? っていうね。ベイビーシャンブルズをやるなら“Pipedown”をやらないといけないし、その後は“Fuck Forever”をやらないといけない。それに、“I Wish”だってやらないわけにはいかないだろ」

一方、リアム・ギャラガーはニュー・アルバムが正式に完成したことを明かしており、ニュー・シングル“Shockwave”を6月7日にリリースすることを示唆している。また、来週にはUKでソロ・アーティストとしての復活を追ったドキュメンタリー作品『アズ・イット・ワズ』が上映されることが決定しているほか、アラン・マッギーの伝記映画『クリエイション・ストーリーズ(原題)』の制作チームはリアム・ギャラガー役を一般から募集することを発表している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ