GETTY

Photo: GETTY

ペール・ウェーヴスは「ポップ・パンク」の影響を受けているという新たなEPの制作状況に言及して、そのうちの1曲について「テイラー・スウィフトの楽曲になってもおかしくない」ものだと語っている。

マンチェスター出身のペール・ウェーヴスは昨年デビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』をリリースしており、今年の9月からはUKツアーも控えている。次なるニュー・アルバムが期待されているペール・ウェーヴスだが、彼女らはニュー・アルバムよりも前にEPをリリースすることを目指しているという。

新たなプロジェクトに向けて既に18曲がストックされているというペール・ウェーヴスは『NME』のインタヴューに応じて、新たな楽曲の内容やアルバムをリリースする前にEPを発表する理由などについて語っている。

「ファンのみんなが待ち切れなくなっているみたいで、少なくとも何かしらをリリースしなければいけないと思ったの」とヘザー・バロン・グレイシーは先週末に出演したBBCラジオ1のビッグ・ ウィークエンドのバックステージで『NME』に語っている。「私たちにとっても重要だと思ったの。というのも、アルバムはしばらく時間がかかりそうなのよね」

ヘザー・バロン・グレイシーは新たなEPに向けて既に「多くの楽曲が完成している」とした上で、最終的には「5曲か6曲に絞られることになる」と明かしている。「EPに入らなかった楽曲は、おそらくアルバムに収録されることになると思うわ」と彼女は語っている。

ヘザー・バロン・グレイシーはここ最近、夜中に酔っ払った状態でツイッターを更新して、新曲の歌詞を度々ツイートしていることで知られている。「なかには、朝起きてから『どうしてこれをツイートしてしまったのかしら?』って思うものもあるわ」と彼女は語っている。「この前もそういうツイートをしてしまったのだけど、『私がやったの? そんなに酔っていたの?』って思ってしまったの」

続けて、先日ヘザー・バロン・グレイシーがツイートしていた「I kinda liked it when you were mine(あなたが私のものだった時は好きだった)」という歌詞について訊かれると、彼女は当該の歌詞が歌われている新曲について「ものすごくポップ」で「壮大な楽曲」だと語っているほか、ドラマーのキアラ・ドランは過去の楽曲とは「かなり異なる」ものになっていることを明かしている。

「壮大なコーラスよ」とヘザー・バロン・グレイシーは『NME』に語っている。「スタジオに持ち込むのが楽しみなの。私たちにとって、これまでで最高の出来のデモかもしれないわ」

「つまり、テイラー・スウィフトの曲になっていたっておかしくないくらいの出来なの、コーラスに関してはね。彼女に売って、大金を稼いだっていいかもしれないわ。受け取ってくれるならだけどね」とヘザー・バロン・グレイシーは笑いながら語っている。

将来的にポップスターたちの楽曲を手がけてみたいと思うかと訊かれると、ヘザー・バロン・グレイシーは次のように答えている。「いつの日かそういうことをできたらクールだと思う。そう思わない? 私たちなら、純粋なポップ・ミュージックも作れると思うの。今は自分自身を抑えているという感じね」

「私たちはバンドでもあるけど、ポップ・ミュージックも大好きなの。そういうわけで、今はそのバランスを取ろうとしているという感じね。けど、いつの日か純粋なポップ・ミュージックに挑戦するかもしれないし、それは分からないわ」

ペール・ウェーヴスは来たるEPで、これまでの洗練されたポップ・ミュージックに加わる新たなジャンルにも挑戦しているのだろうか?と訊かれると、ヘザー・バロン・グレイシーは「ポップ・パンクよ、実を言うとね」と語っている。

「正直に言うと、私たちは新曲でかなりパンクを取り入れているの。ギターが中心になってはいるけど、“I Liked It When You Were Mine”のような曲もある。この曲では、ポップな要素が復活したような感じになっているわ」

サポート・アクトとしてザ・1975とのアリーナ・ツアーも経験しているペール・ウェーヴスだが、彼女たちの目はさらに大きなステージを見据えているようだ。

「世界を征服することを目指しているわ。 当然でしょう?」とヘザー・バロン・グレイシーは語っている。「いつも思うんだけど、そこを目指さないのなら、もう終わりにしたほうがいいんじゃないかって思うの。私たちは、5人を相手にずっとアングラで演奏したがっているようなフリをしているバンドたちとは違うわ」

「みんなに聴いてもらいたいっていう言葉すら、私にはクールだと思えないの」

ペール・ウェーヴスは今週末からスタートするミューズのUKでのスタジアム・ツアーにサポート・アクトとして帯同するほか、サマーソニック2019に出演することも決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ