GETTY

Photo: GETTY

リンキン・パークのチェスター・ベニントンの息子が今年の「ストレンジ80ズ」のチャリティ公演で初のパフォーマンスを行うという。

「ストレンジ80ズ」の今年のラインナップが先日、発表されており、チェスター・ベニントンの息子であるジェイミー・ベニントンがロサンゼルスで行われるイベントに出演することが明らかになっている。

今年で3年目となる「ストレンジ80ズ」は80年代の音楽をチャリティのために様々なアーティストが演奏するもので、収益の100%が「320チェンジ・ディレクション」とパートナーシップにある「ギヴ・アン・アワー」に寄付される。

ジェイミー・ベニントンがステージに立つのは初めてとなるが、彼の母親によれば、その才能は父親譲りだとのことで、去年「私たちの息子は彼の父親であるチェスターと同じくらい才能があるわ」とツイートしていた。

今年の「ストレンジ80ズ」にはブッシュのギャヴィン・ロスデイル、ジェーンズ・アディクションのスティーヴン・パーキンス、マリリン・マンソンのギタリストであるタイラー・ベイツ、ノー・ダウトのエイドリアン・ヤング、SUM 41のフランク・ズーモ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのデイヴ・クシュナー、イーグルス・オブ・デス・メタルのジェス・ヒューズとジェニー・ヴィー、ウィーザーのスコット・シャイナー、ストレイ・キャッツのスリム・ジム・ファントム、フィルターのジョニー・ラドク、アトラス・ジーニアスのキース・ジェフリーとマイケル・ジェフリー、ロバート・トゥルージロの息子のタイ・トゥルージロ、シュガーカルトのマルコ・デサンティスらが出演する。

「ストレンジ80ズ」はロサンゼルスのフォンダ・シアターで6月1日に開催される。

リンキン・パークはチェスター・ベニントンが亡くなって以来、初めて新曲のレコーディングについて話し合っていると報じられている。

リンキン・パークのDJであるジョー・ハーンは先日、韓国「聯合ニュース」のインタヴューに応じて、チェスター・ベニントンが亡くなって以来、初めて残りのメンバーで新曲のレコーディングについて話し始めたことを明かしている。

「リンキン・パーク・ファン・クラブ・ワールドワイド」によれば、ジョー・ハーンは次のように語っているという。「メンバーたちは自分や家族の面倒を見ながら、それぞれのやり方で困難を乗り越えようとしているよ」

「それから、ようやくバンドとして一緒に新曲を作ることについても話し始めたんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ