TAS Rights Management

Photo: TAS Rights Management

テイラー・スウィフトはアメリカのオーディション番組「ザ・ヴォイス」のシーズン最終話で“ME!”のパフォーマンスを披露している。

パフォーマンスには音源同様、パニック!アット・ザ・ディスコのブレンドン・ユーリーも参加している。

公開されたパフォーマンス映像はこちらから。

先日、テイラー・スウィフトはドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が最新作『レピュテーション』のインスピレーションとなっていたことを明かしている。

『エンタテインメント・ウィークリー』のインタヴューに応じたテイラー・スウィフトは2016年に『ゲーム・オブ・スローンズ』に「ハマった」とのことで、『レピュテーション』の多くの曲がドラマの影響を受けていると語っている。

テイラー・スウィフトは次のように語っている。「『ゲーム・オブ・スローンズ』を観て、様々な想像力がはたらいたの。当時は『レピュテーション』を作っていた時期だったのだけど、インタヴューでこのことは言わなかったの。だから、アルバムの楽曲の多くがあの番組に影響を受けていることは明かしていなかったのよ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ