GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーの最新シングル“Black Star Dancing”のミュージック・ビデオで監督を務めたダン・カダンはその制作過程について語っている。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは6月14日に新EP『ブラック・スター・ダンシング』がリリースされることが決定しており、先週、表題曲となる“Black Star Dancing”のミュージック・ビデオが公開されている。

ビデオではロシアのコサック民によるパフォーマンスが行われた後、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは他ならぬ今はなきコメディアン、バーナード・マニングの紹介を受けてステージに立っている。バーナード・マニングはマンチェスター・シティの熱狂的なファンとして知られている。

ミュージック・ビデオではバーナード・マニングが司会を務め、1974年から1977年まで放送されていたITVのヴァラエティ番組「ザ・ホイールタッパーズ&シャンターズ・ソーシャル・クラブ」の貴重な映像が使用されている。

ミュージック・ビデオの監督はフィルムメーカーのダン・カダンと、ノエル・ギャラガーの友人であるスカリーが手がけており、ダン・カダンは今回『ヴェンツ』誌とのインタヴューでその制作過程などについて語っている。

ダン・カダンはノエル・ギャラガーのミュージック・ビデオをスカリーと共に監督するに至った経緯について次のように明かしている。「スカリーは僕とノエルの共通の友人でね。彼から連絡が来て、ミュージック・ビデオのアイディアがあると言われたんだ」とダン・カダンは語っている。

「スカリーは別の世界にいる人だから、そのアイディアを実現させる手段を持ち合わせていなくてね。それで、僕がどんな反応をするかを見越した上で連絡してきたんだよ。天才的だと思ったね。スカリーは僕と一緒に監督を務めてくれたんだけど、とてつもないクリエイティヴな才能の持ち主だということを証明してくれたよ」

ダン・カダンは次のように続けている。「『ザ・ホイールタッパーズ&シャンターズ・ソーシャル・クラブ』の映像と、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズが(1971年から1988年まで放送されていたテレビ番組の)『ジ・オールド・グレイ・ホイッスル・テスト』で“Stir It Up”を演奏した時の映像を組み合わせたお試し版を作ってみたんだけど、スカリーがノエルにそれを見せたところ、すごく気に入ってもらえてね。今やスカリーがすっかり解き放たれて、ノエルとの2本目のビデオのアイディアも思いついているほどでね。既に取り掛かり始めているんだ」

インタヴュアーから1990年代にオアシスで成功を収めたノエル・ギャラガーのミュージック・ビデオの舞台を1970年代に設定した理由について訊かれると、ダン・カダンは次のように答えている。

「オアシスはオアシスで、ハイ・フライング・バーズはハイ・フライング・バーズだからね」と彼は語っている。「ノエルの作っている音楽はタイムレスだと思うんだ。何かに括ることのできないものであり、括るべきではないものだよ。彼のサウンドはいまだに進化を続けているし、僕らの時代における最も偉大なサウンドだとも言える。それに、ナイル・ロジャースまでもがノエルのスタジオで“ Black Star Dancing”を聴いて踊ったというのだからね。誰が彼に逆らえるって言うんだい?」

続けて、ミュージック・ビデオの中で1970年代に放送された番組などにオマージュを捧げた理由については次のように語っている。「シンプルだよ。ノスタルジアさ。その場所の雰囲気ということだね。40歳未満の人たちには、何が舞台になっているかを分かってもらえないだろうけどさ……僕たちは2種類の人たちを惹きつけることができたんだ。若者たちと、お年寄りをね。実際、誰がエキストラで、誰が70年代に実際に参加していた観客なのかっていうことを一部の人たちから訊かれたりもしたんだ」

「イアン・ブラウンからも称賛の言葉をもらってね。ノエルが彼に、これまでで最高のミュージック・ビデオだって書いたメールを送ってくれたんだ。ザ・スミスのマイク・ジョイスからも、出演しているのが当時の本物の観客だと気がついた時には驚いたっていうことを言ってもらえた。ボビー・ギレスピーもすごく気に入ってくれたんだ。大成功だよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ