GETTY

Photo: GETTY

サム・スミスがジェームズ・ボンド・シリーズの最新作の主題歌をライヴで初めて披露している。

サム・スミスは映画『007 スペクター』のテーマ曲“Writing’s On The Wall”を、10月23日に放送された「グレアム・ノートン・ショウ」で披露している。

通算24作目となるジェームズ・ボンド・シリーズ最新作『007 スペクター』は、イギリスとアイルランドで10月26日の夜に公開され、同時にロンドン中心部でワールド・プレミアが開催される。順次世界公開される予定で、アメリカは11月6日、日本は12月4日公開となっている。

テレビ出演の模様はこちらから。

『NME』では現在配布中の号でサム・スミスについて独占表紙特集をお送りしている。

ジェームズ・ボンド映画シリーズについては、元々、サム・スミス自身はあまり詳しくないと認めていたが、今は次のジェームス・ボンドはロジャー・ムーアやショーン・コネリーのような俳優にやってもらいたいと話している。

「(ダニエル・クレイグが)やっぱり最初はお気に入りだったね、僕は23歳だし。古いシリーズは観てなかったし、クレイグが現代風にボンドを解釈してるのが好きだった。でも、遡って全部のボンド映画を観てみたら、自分の好きなのはコネリーかムーアだって分かったよ。とてもエレガントで格好いいところが好きだね。次のボンドはそういう部分が復活するといいな」

「NME Japan」でも、サム・スミスの独占インタヴューの翻訳版をお送りする予定です。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ