GETTY

Photo: GETTY

ヤー・ヤー・ヤーズのカレンOが、バレエをテーマにしたアメリカの新たなテレビ番組のために、アニモーションの“Obsession”のカヴァーを収録したという。

カレンOによる1984年の楽曲のカヴァーは、サラ・ヘイ主演のエリート・バレエ・カンパニーの暗部を語るスターズによるドラマ「フレッシュ・アンド・ボーン」に使用される。同ドラマは「ブレイキング・バッド」のモイラ・ウォーリー・ベケットによるドラマで、11月8日に放送が開始される。

カレンOによる“Obsession”のカヴァーはこちらから。

カレンOは、ジュリアン・カサブランカスのレーベルであるカルト・レコーズから昨年9月にソロ・アルバム『クラッシュ・ソングス』をリリースしている。カルト・レコーズからリリースされた『クラッシュ・ソングス』は2006年から2007年にレコーディングされたものということで、「ローファイなベッドルームでレコーディングされた楽曲のコレクション」と評されている。

その後、カレンOは今年9月に第一子を出産し、新生児の息子の写真をアップし、ロバータ・フラックの曲名にちなんで「The First Time Ever I Saw Your Face(初めてあなたの顔を見た時)」というキャプションを添えている。

カレンOは映像監督のバーナビー・クレイと結婚しており、彼はヤー・ヤー・ヤーズの“Zero”のミュージック・ビデオをはじめ、ナールズ・バークレイやデペッシュ・モードを手掛けている。

少し経ってから家に戻って、彼のことを腕に抱きながら、ロバータ・フラックのこの曲を聴きながら歌ったの。胸のなかで愛が広がっていくのを感じたわ。言葉では言い表せないと思ったから、今はロバータ・フラックに語ってもらうことにしたの。「初めてあなたの顔を見た時/あなたの瞳のなかで太陽が上っているかと思ったわ/そして、月や星はあなたが暗闇と限りない空にくれた贈り物だと思ったの/暗闇と限りない空にわたしの愛を」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ