GETTY

Photo: GETTY

先週末に幕を閉じたコーチェラ・フェスティバルだが、開催期間中に会場となった南カリフォルニアでヘルペスの患者数が急増していたことが報じられている。

米ATDが開発した診断アプリである「ハープアラート」によれば、コーチェラ・フェスティバルの会場となったカリフォルニア州のインディオで1週目が開催されて以降、ヘルペスの患者数が急増したという。

通常、この地域でヘルペスを診断される患者数は1日に12人程度だというものの、コーチェラ・フェスティバルの最初の2日間で250人がヘルペスを罹患したという。「ハープアラート」が「TMZ」に明かしたところによれば、フェスティバルの開催期間中に1105人がヘルペスを罹患したといい、特にインディオやパームデザート、コーチェラ・バレー、ロサンゼルス、オレンジ、サンディエゴの地域の患者数が多いという。

2年前に開発された「ハープアラート」は症状が出ていると思われる箇所の写真を送れば医師が診断を下してくれるというもので、大抵のウイルスに効く処方箋も受けられるという。

カリフォルニア州では以前、2018年にアカデミー賞授賞式が開催された週にもヘルペスの患者数が増加しており、1日に60人がヘルペスと診断されていた。

一方、アリアナ・グランデは先週末に行われた2週目となるコーチェラ・フェスティバルでのパフォーマンス中にオーディエンスからレモンを投げられている。当該の出来事はアリアナ・グランデが“Right There”と“Break Your Heart Right Back”のマッシュアップをパフォーマンスしていた最中に起きている。

彼女の胸に投げられたレモンが当たる様子を収めた映像がオンラインで公開されており、アリアナ・グランデはその後、ステージで次のように観客に語りかけている。「あなたたちの誰かが私にレモンを投げたせいよ。ひどいわ」

アリアナ・グランデはまたコーチェラ・フェスティバルで共演したジャスティン・ビーバーのパフォーマンスに批判が寄せられていることを受けて、彼を擁護するメッセージも投稿している。

今年3月に音楽活動を一時的に休止することを発表していたジャスティン・ビーバーだが、彼は現地時間4月21日にコーチェラ・フェスティバルでヘッドライナーを務めたアリアナ・グランデのステージに出演して、自身の2015年のヒット曲である“Sorry”を共にパフォーマンスしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ